レバレッジ・リーディングから、インプット&アウトプットの重要性を学ぶ。

習慣化

インプットするだけでは、ただの自己満足にすぎません。いかにアウトプットするかが勝負なのです。(本田直之)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-14-05-07

人はインプットしたものしかアウトプットできない。(細野晴義)

書くことをただ単にアウトプットだと捉えずに
「インプット&アウトプット」だと定義してみたらどうでしょうか?
文章を書くことは、本来アウトプットですが
書くことで、インプットしたこと=学んだことを自分ごと化できます。
本を読んでも、アウトプットしなければ、なかなか自分の知識にはできません。
また、インプットを続けなければ、自分を成長させることもできません。
インプット&アウトプットは、人生を豊かにする両輪なのです。

インプットした知識を自分の言葉で書くことで、初めてそれらを血肉にできます。
本を一回読んだだけでは、著者の考えを理解できていないことが多く
そのままでは文章として、上手に表現できません。
理解が曖昧であれば再読したり、構成を考えなければ、伝わる文章は書けないのです。

書評ブログであれば、本の何を伝えるのか?記事の構成をどうするか?
読者に自分が学んだことをどう伝えるか?などを考えなければなりません。
書評のストーリーを考え、自分の言葉で表現しなけれればなりません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レバレッジ・リーディング [ 本田直之 ]
価格:1566円(税込、送料無料) (2016/11/3時点)

私たちはインプットしたものしか、アウトプットできないのですが
実は、自分で言語化しておかないと、いざというときにその知識を使えません。
本を読んでも、アウトプットを習慣化しておかないと
学んだ知識を自分の武器にできないのです。
本を大量に購読しても、ちゃんと理解していなければ意味がありません。
アウトプットを意識してインプットしなければ、時間を無駄にしているのと同じなのです。

読書をしているときに、絶えずアウトプットを考えていれば
著者のメッセージが頭にどんどん入ってくるようになります。
私は本を読みながら、著者の言葉で響いたものをどんどんメモにしていきます。
幾つかのメッセージを組み合わせているうちに、自分なりのストーリーが生まれてきます。
これを文章にまとめることで、毎日ブログ記事を更新できるようになったのです!

また、毎日、書く時間を持つことで、自分との対話の時間を持てるようになります。
自分の過去の知識や体験に著者のアイデアを組みあわせることで
新しいアイデアが生まれてきます。
ただ本を読むだけでなく、考え、アウトププットする時間を持つことで
私たちは新しいアイデアというギフトをもらえます。

当然、多読することでアイデアの幅も広げられます。
インプットとアウトプットの量を最大化することで、自分を鍛えられるのです。
定期的に自分のブログを読み返すことも価値があると思います。
この振り返りの習慣を私は本田直之氏のレバレッジ・リーディングから学びました。
本に投資したなら、必ずアウトプットをしなければ、それは回収できません。
このインプット&アウトプットの習慣が、あなたのビジネスを面白くしてくれるはずです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

photo credit: ThoroughlyReviewed MacBook Pro Retina – Credit to https://thoroughlyreviewed.com via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント