トランス脂肪酸は、食べるプラスチック?やがては、体の中のゴミとなる!

習慣化

スナック菓子や菓子パンなどで、「ファストスプレッド」「ショートニング」といった表示を見たことはないでしょうか。あるいは、「植物由来だから健康的」などと謳われているマーガリン。これらはすべて、「トランス脂肪酸」です。このトランス脂肪酸こそ、まさに「百害あって一利なし」の劣悪な油なのです。(内海聡)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-8-14-10
トランス脂肪酸とは、植物性の油脂を加工する過程で発生する脂肪酸ですが
植物性だからと言って、安心してはいけません。
アメリカのFDA(食品医薬品局)は、トランス脂肪酸を含む油脂の食品使用について原則禁止します。
欧米の多くの国では、トランス脂肪酸の規制が進んでいるのです。
しかし、先進国であるはずの日本は例外で、この油が規制されることはなさそうです。

内海聡氏は、このトランス脂肪酸を食べてはいけない油だと書いています。
私たちは健康体を維持したければ、この油を避けなければなりません。
内海氏の著書「強い体」をつくる食べ方から引用します。

トランス脂肪酸は人工的に作られた不自然な油だからです。不自然なものは、体内に入っても利用されません。体内で代謝されないまま留まることで、さまざまな悪事を働きます。それにしても、なぜそんな不自然な油が作られ、広く使われるようになったのでしょうか。植物油も一種の生鮮食品であり、自然な形のままでは、すぐに使えなくなってしまいます。そこで、油をより日持ちするように作られたのが、トランス脂肪酸です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

病気にならない「強い体」をつくる食べ方[本/雑誌] / 内海聡/著
価格:1404円(税込、送料別) (2016/10/22時点)

簡単に安く作れるこの油は食品メーカーからは重宝され、様々な食品に使われています。
しかし、その製造過程を考えると、私は絶対に食べたくありません。

トランス脂肪酸は、いってみれば「安くて、しかも悪くならない油」です。加工食品を一度に大量生産して売りさばきたい食品メーカーからすれば、夢のような油といってもいいでしょう。でも、私たちの体にとっては、逆に悪夢のような油です。

常温で液体の植物油に水素添加を行うと、脂肪の分子構造が変化し、油が固まります。
その変化した構造はプラスチックと非常に似ているため
トランス脂肪酸は食べるプラスチックと呼ばれています。

体が利用することのできないトランス脂肪酸は、いわば「使い道のないゴミ」として体内に溜まります。そして、単純にいえば悪玉コレステロールを増やしたり、血管壁にこびりついたりして、肥満や高血圧、動脈硬化などの、いわゆる「生活習慣病」を招きます。

トランス脂肪酸は、植物性だからと安心していると、たいへんなことになりそうです。
マーガリンやケーキに使われているショートニングには注意が必要なのです。
買い物をするときに、このトランス脂肪酸をチェックすることを習慣にしましょう。
日本では自分の健康は、自分で守らなければならないのです。
100歳まで健康に長生きするためには、トランス脂肪酸を食べてはいけないのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
内海聡氏の関連記事はこちらから
私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

photo credit: kennethkonica Anyone for pizza with extra sausage? via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント