必要以上にモノを買わない方法。

ブログ

タガがすっかり外れてしまうと、欲望を満たすことに心を奪われてしまう。そうならないために、自分自身の心にしっかりとタガをはめておくのです。たとえば街を歩いていて、ある物に目が留まり、欲しくなったとします。欲望に支配されてしまっていると、つい衝動買いしてしまう。そこで「欲しい物は、三回目に買う」というタガをはめてみてはいかがでしょう。(枡野俊明)


photo credit: GmanViz Woodstock at Macy’s via photopin (license)

モノを買わないように自分にタガをはめる!

情報化社会の中で自分の欲望をコントロールすることは、とても難しいですね。
現代の消費社会では、次から次へと新製品が発売されています。
ソーシャルメディアやマスメディアに接していると
あっという間に欲しいものリストが出来上がります。
古い商品より新製品の方が素晴らしいと思い込み
すぐにモノを買い換えてしまうのです。
リアル店舗やECサイトで洋服や雑貨などの欲しいものを見つけると
衝動買いしてしまいそうになります。

以前は購入を悩まずに、すぐに決断することが多かったのですが
最近では数日間我慢するようにしています。
本当にそれが欲しいのかを真剣に考えてから、購入するようにしています。
モノを買っても、それだけでは幸せになれないし
ストレスの解消にもならないことに気づけたからです。

欲しいモノがあっても、衝動買いをしないようにするのです。
時間を置いて本当にそれが欲しいのかを自問しましょう。
何度か質問を繰り返し、それでも欲しい場合にだけ購入するのです。
モノを買う時に何度か考えることをルールにすることで
自分の感情をコントロールできるようになります。
自己の欲望と冷静に向き合う時間を持つことで
モノとの関係性を整理できます。

衝動的に欲望を満たすのではなく、自分の心と相談してから行動に移していく。このようなタガをはめれば、無駄な買い物はきっと減るものです。なぜならば、三回目に買うほど欲しいと思う物など、実際にはそれほどたくさんはないからです。

買い物をする時に、自分との対話の時間を持ち、衝動買いを防ぎましょう。
自分にタガをはめることで、モノに支配されない豊かな人生を遅れます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

限りなくシンプルに、豊かに暮らす [ 枡野俊明 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/4/9時点) 

買い物や食事の時に自分の上限を決める!

(モノの)上限を設定すれば、所有物を上手に管理できますから、より多くのスペースを確保できます。所有物に上限を設定すると、暮らしが窮屈になるどころか、むしろ快適になります。(フランシーヌ・ジェイ)

消費財が安価価で大量に入手できるようになった今
欲望のまま買い物をしていては、心地よい生活は送れません。
モノを買いすぎることで、家じゅうにモノがあふれ返ってしまいます。
自分の消費活動に上限を設定しないかぎり、モノだらけの部屋で暮らすことになるのです。
これでは気持ちが落ち着きませんし、お金を貯めることもできません。
家にいることでストレスを感じていては、意味はありません。
モノに支配されないように、買い物の際に自分の上限を決めるのです。

まとめ

消費活動に上限を設定すれば、支出を減らせますし、部屋をスッキリできます。
自分の消費にタガをかけ、自分の欲望をコントロールしましょう。
買い物だけでなく、いろいろなことに上限を作ると自分の習慣を変えられます。
食事や飲酒に上限を設定することで、肥満や飲酒の悩みもなくせるはずです。

参考図書 枡野俊明氏の怒らない 禅の作法限りなくシンプルに、豊かに暮らす
フランシーヌ・ジェイ 捨てる 残す 譲る 好きなものだけに囲まれて生きる
この記事の関連記事はこちらから

   

   スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13 

Loading Facebook Comments ...

コメント