ポジティブな言葉で自分を表現しよう!

習慣化

あなたの目標を阻止している唯一の要因は、自分にたえず話しかけているネガティブな内容である。(アンソニー ロビンズ)

Positive

photo credit: Damian Gadal Positive via photopin (license)

あなたは自分にたえず話しかけていることを現実にする。内面の対話は催眠術の暗示のようなものだ。もし頻繁に不平を言っているなら、そのとき自分にどんなことを話しているだろうか。もし自分はダメな人間だと言っているなら、それがあなたの現実になる。しかし、もし自分は価値のある人間だとたえず言っているなら、それもあなたの現実になる。(マーク・レクラウ)

自分の内面とのポジティブな対話を意識する!

言葉はとても重要で、自分の発する言葉が、自分に影響を及ぼします。
私たちは日々、自分の内面との対話をしていますが
多くの人たちはこの時間をないがしろにしています。
もっと私たちは自分を元気にする言葉を投げかけるべきなのです。

マーク・レクラウは、内面の対話を催眠術の暗示にたとえます。
頻繁に不平を言ったり、ダメな人間だと思っていれば
そういった悲惨な現実を引き寄せます。

言葉と意識がネガティブであれば、人生を自らつまらなくしてしまうのです。
かつての私の思考と言葉は、とてもネガティブだったので
嫌なことばかり引き寄せていました。
周りに集まる人も、自分を否定する人が多く
マイナスのエネルギーの中で、時間を過ごしていたのです。
これでは良いことが起こるわけがありません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

習慣を変えれば人生が変わる [ マーク・レクラウ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/8/4時点)

自分の発する言葉と思考を変えてみる!

自分の内面の対話に気をつけることは非常に重要である。自分に話しかける内容が、自分についての考え方を変え、自分についての感じ方を変え、行動パターンを変え、究極的に結果を変えるからだ。

自分を認め、評価するることで、自分のマインドと行動を変えられます。
なので、自分をどう表現するかについては
細心の注意を払う必要があるのです。
たとえば、「私は怠け者だ」「私は最低の人間だ」と言っていると
やがて自分がそういう存在になってしまいます
「私は疲れている」を口癖にすると、ますます疲れを感じるようになります。

逆に「自分は成功者だ!」「恵まれた存在だ」などと
自分にポジティブな言葉を発することで
エネルギーをチャージでき、未来の自分を成功者に変えられます。

言葉だけでなく、自分が欲しいものに意識を向けましょう。
とくに自分に投げかける質問は、自分の行動を左右します。
「自分にはできない」とに言い聞かせるのではなく
「どうすればそれができるようになるか?」を質問することで
脳が答えを見つけてくれるようになります。

自分にはできないというネガティブな思考が目の前に現れたら
自分を元気にする書籍を読んだり、尊敬する人に会いに行きましょう。
エネルギーのある言葉があなたのマインドを変えてくれるはずです。
私は毎朝、自分を元気にするアファメーションを
繰り返し読むことで、ネガティブ思考を追い出すようにしています。
ポジティブに考える時間を増やすことで、行動がたのしくなります。

まとめ

ネガティブ思考に陥ると自分に自信を持てなくなります。
使っている言葉が不平不満や愚痴が多かったら
その言葉が運を悪くしていると考え
言葉をポジティブなものに変えましょう。
自分が価値のある人間だとたえず言っていれば
それがあなたの現実になるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント