ダイエットで結果を出したい人に。最小限の努力で効果が出る6つのルール!

習慣化

ちゃんときれいにやせたいのなら、空腹はダイエットに禁物です。きちんと食事を摂って、栄養のバランスを考えることがダイエットへの早道です。(オーガスト・ハーゲスハイマー)


photo credit: Luci Correia Fotografia Gastronômica via photopin (license)

無理をせずに栄養学の知識を活用してダイエットしよう!

ダイエットを目的にするのではなく
やせることが自分のためになると考えたほうが
健康的な体を作れ、その結果理想の体重をキープできるようになります。
極端に食事を減らしたり、バランスの悪い食事を食べ続けても
健康的にやせるわけではありませんから、どこかで問題が起こります。
しまいにはダイエットに疲れ、リバウンドし
貴重なお金と労力と時間を無駄にしてしまいます。
栄養学を無視したダイエットを続けていたら
最悪の場合、健康を損なう可能性もあります。

最少の努力でやせる食事の科学の中で
オーガスト・ハーゲスハイマーは健康的にやせる方法を紹介しています。
最新の栄養学に基づき、食べながら効果を出すメソッドは
実践する価値があると思います。

実は私は2年前にオーガストの老けない人はやめているに共感し
生野菜とタンパク質をしっかりと食べ、糖質を減らす食事法を取り入れました。
今もその食事を続けていますが、健康を維持しながら
30年以上前のベストな体重をキープしています。

その時のメソッドは以下の3つでしたが
今回はそれに3つが加わり、合計6個の方法が書かれていました。

■緑の濃い葉野菜をたっぷり摂って、体内をクレンジングする
■生もしくは生に近いローフードで抗酸化力を高める
■糖質を控える

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最少の努力でやせる食事の科学 [ オーガスト・ハーゲスハイマー ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/11/13時点)

最小限の努力で効果が出るオーガスト流食事の6つのルール

1、生の葉野菜を毎食たっぷり摂る

今回の主役もやはり生野菜です。
緑が濃い葉野菜には豊富なビタミン、ミネラルだけでなく
抗酸化作用のあるフィトケミカルも含まれています。
特にクロロフィルが含まれるルッコラ、クレソン、水菜
ブロッコリーなどは毒素を体内に排出し
がんの発生を抑える効果があるという論文を
ジョンズ・ホプキンス大学が発表しています。
肉の3倍程度の生野菜を毎回食べるとよいとオーガストは言いますが
大量の生野菜を食事の習慣にすると
糖質を減らしても、脳が満足してくれ、食べ過ぎを防げます。

2、いい油をきちんと摂る

「いい油」とは化学的に加工していない油です。サラダ油やコーン油などは化学的にたくさんの工程を経ていますので、それらの化学成分が体内炎症を起こす原因になりかねません。また「いい油」であっても、高温の揚げ物に使ってしまうと、酸化して「悪い油」になってしまいます。加熱するなら熱に強い動物性の油のラードやバター、植物性の油ではココナッツオイルがいいでしょう。

私はどんな油が使われているかわからないので
外食では揚げ物をほとんど食べなくなりました。
生野菜にエクストラバージンオリーブオイルやごま油をかけたり
フルーツにココナッツオイルをかけて、よい油を摂取するようにしています。
血液に栄養を送って脳を満足させるためには
良質な油が欠かせないので、しっかりと油を摂るようにしましょう。

3、タンパク質を十分に

日本人は肉や魚のタンパク質の摂取量が少ないので
1食に20から25gのタンパク質を摂るとよいとオーガストは述べています。
しっかりとタンパク質を摂ることで
内臓や筋肉、血液、骨によい影響を与えます。
細胞の修復など体の維持に欠かせないタンパク質を
減らすような愚は避けるべきです。

4、炭水化物は毎食握りこぶし1個分まで

太る原因はカロリーでもなく油でもなく糖質です。
ご飯の量を減らすだけでなく、ポテトやコーンの量にも気をつけましょう。
ポテトサラダの食べ過ぎはダイエットの対敵です。
当然、果物の果糖にも注意が必要です。

5、栄養のあるおやつを食べる

少量のおやつで脳を満足させて、食べ過ぎを無くします。
食欲の暴走を防ぐために私はナッツやスムージーで
脳を満足させるようにしています。

6、アルカリ性食品を毎食摂る

少しでも体の負担を減らして健康になるためには、酸性を中和するアルカリ性食品を毎食意識して摂る必要があります。アルカリ性食品は生の野菜、エクストラバージンオリーブオイル、くるみ、海藻など。そう、たっぷりエクストラバージンオリーブオイルをかけた葉野菜のサラダは、まさに理想的なアルカリ性食品なのです!

アルカリ性をキープするという観点からも、毎食の葉野菜のサラダが重要です。
今では私の中でサラダと良い油を食べることが当たり前の習慣になりました。
健康的にやせることを決めて、無理なダイエットはやめるべきです

まとめ

現代人はご飯やパン、麵類などの炭水化物や
甘いものなどの糖質を摂りすぎていますが、これが太る原因になっています。
太りたくなければ、生野菜中心の食生活にいますぐ切り替えましょう。
生野菜、良い油、タンパク質をしっかりと摂り
糖質を減らすことで、健康的かつ効果的にやせることができるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
ダイエットの関連記事はこちらから

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント