過去の記憶に翻弄されないようにしよう!

習慣化

自分の過去に費やす時間はすべて、自分の現在と未来から時間を奪うことになる。過去にしがみつくのをやめよう。過去と決別する勇気を持って初めて、人生で起こる新しいことに心を開くことができる。(マーク・レクラウ)


私は記憶力を活用するが、過去の記憶には翻弄されない。(ディーパック・チョプラ)

photo credit: CREST Research Decision Making via photopin (license)

未来とは今の自分である!

多くの人は過去を振り返り、後悔したり、懐かしむことに時間を使います。しかし、過去にしがみついてばかりだと貴重な時間を浪費するだけで、何も生み出せません。過去の失敗にとらわれるのをやめ、未来の自分の素晴らしいイメージを創り出し、今ここに集中した方がはるかに価値があります。「未来とは今の自分だ」と捉え、今の思考と行動を変えるのです。過去の失敗を頭からすぐに消し去り、 今より善くなろうと努力することに時間を使うべきです。過去の嫌な自分を捨て去り、今ここに集中すると決め、自分の行動を変えていきましょう。ディーパック・チョプラが言うように記憶力を磨いて、過去のネガティブな体験に翻弄されないように自分の意識を変えるべきです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

習慣を変えれば人生が変わる [ マーク・レクラウ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/8/4時点)

過去にフォーカスするのをやめ、未来のワクワクな自分をイメージする!

いくらあがいても、過去を変えることはできない。自分がほしくないものではなく、自分がほしいものに意識を向けよう。過去にうまくいかなかった状況に意識を向けると、そういう状況をますます多く引き寄せてしまうおそれがある。

過去を変えることはできませんが、そこから学ぶことはできます。過去にうまくいかなかった理由を明らかにして、別のアプローチを考えればよいのです。失敗した理由がタイミングなら再度チャレンジすればよいですし、組んだパートナーが悪ければ、他の信頼できる人とチームを組むなど別の方法を考えるべきです。過去の経験から学んで、目標のために動き続けることが重要です。過去のうまくいかなかったことに意識を向けるのをやめ、未来のワクワクな自分をイメージしましょう。

私たちは過去と決別して自由になる必要があります。知識を吸収したり、新しい体験にチャレンジすることに貴重な時間を使うのです。うまくいっていない過去の人間関係を断ち切ることによって、素晴らしい人たちに出会えるはずです。過去と他人は変えられないとよく言いますが、自分の未来と付き合う人は変えられます。未来のワクワクな自分をイメージしながら、そのためにどういう人と付き合えばよいかも意識しましょう。運の良い人と付き合ったり、メンターを作ることで自分の未来を明るくできるはずです。

まとめ

過去の失敗やネガティブな体験に時間を浪費するのをやめ、今ここに集中すると未来の自分をよりよくできます。過去にフォーカスするのをやめ、未来のワクワクな自分をイメージし、それを潜在意識にすり込みましょう。脳がワクワクすることで今何をすべきかが明確になります。未来は今の自分の思考と行動で変わると信じて、何を選択すべきかを決めるのです。

参考図書 マーク・レクラウ習慣を変えれば人生が変わる

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
     

      スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13 

Loading Facebook Comments ...

コメント