柳川範之氏の独学という道もあるの書評

多様な価値観の中ではいろいろな選択肢があって、大学の選び方にしても、職業の選び方にしても、それから、どういうふうに自分の技能を身につけていくかも、かなり多様なんだということがよくわかったのですね。(柳川範之)


School photo created by mindandi – www.freepik.com

日本だけで暮らしているとわからないことがある!

日本だけで暮らしていると気づかないことがあると東大大学院経済学部の教授の柳川範之氏は言います。彼はシンガポールとブラジルで子供時代を送ることで、独自の価値観を身につけます。高校には行かなかったり、通信制の大学で学ぶことで自らの勉強のスタイルを確立します。そして、伊藤元重教授の授業を聴講し、教授に質問することでチャンスをつかみます。なんと独学だけで東大大学院にもぐりこんでしまうのです。その柳川氏の体験をまとめたのが、本書独学という道もあるです。

おそらく学校に行かなかったことのデメリットの一つは、同世代の人とあまりコミュニケーションをとる機会がなかった点だろうと思います。でも逆に、あまり同世代ということにこだわらずに、いろんな人と話しをしたり、遊んだりする機会を多く持てたようにも思います。

著者の柳川氏は小学校時代をシンガポールで過ごします。中学1年のときにいったん日本に帰ると、様々な嫌な体験をします。机に肘をついて授業を受け、普通とは違った通学カバンを持っていることで、異分子扱いされてしまうのです。上級生から呼び出され、「生意気だ」と注意されることでカルチャーショックを受けます。

日本の同質を求める社会に馴染めなかった彼は、海外で暮らすほうが面白い経験ができると考えたのです。親の転勤で高校時代をブラジルで過ごした後、一旦日本に帰国し、大検に合格後、シンガポールで再び暮らし始めます。慶応大学の通信教育課程に入学し、ひたすら独学で学び続けます。

彼はシンガポールというアジアの中心で、国という枠を超えてモノを考える重要性に気づきます。多民族国家のシンガポール、貧富の差が大きいブラジルで暮らした経験が、彼の生き方を変えたのです。世の中には色々な道があり、色々な生き方があると感じながら、自分独自の価値観を形成しました。彼の独学の経験が常に新しいことを考える学者という仕事の源泉になったと柳川氏は述べています。

独学が選択肢と可能性を広げてくれる!

一番印象に残っているのは、ブラジルの貧富の格差がものすごく大きかったことです。日本では想像できないような豊かな生活をしている人もいっぱいいるのですが、一方では、想像できないくらいきわめて貧しい生活をしている人もいる。そのことは、本や映画で、ある程度知識として持ってはいました。でも、実際に自分がその場に行って、そういう人たちを目の前にしたときに感じたことや考えたことは、知識として持っているのとはずいぶんレベルが違いました。

海外に出ると日本とは異なる体験ができます。私は大人になってから、積極的に海外に行くようにしていますが、具体的な体験を重ねることで、脳に刺激を与えることができます。

インターネットがあるから海外に行かなくても学べるという話を若い人からよく聞きますが、現地の空気感を肌で感じるチャンスはそこからは生まれません。単純に知識として学ぶのと自分の目で現地を見るのでは、結果が全く異なります。ネットの情報では吸収できないことがたくさんあると信じて、私はあえて海外に行くようにしています。

型どおりに生きるという選択肢だけでは面白い人生を送れません。これまでとは違うことにチャレンジしたり、人とは異なる視点で考え、積極的に行動することで自分の可能性を広げられます。実際に体験することを面倒からずに、自分への投資だと思って、定期的に旅に出ることを私はおすすめします。

大人になってからも、私たちは学び続けることが可能です。独学のスキルを身につけ、それを習慣にすることで人生を変えられます。50歳のころに会社を私は辞めましたが、書籍と人脈、旅の体験を重ねるうちに自分の可能性を広げることができました。型通りにしないといけないという日本の考え方を捨て、自分のやりたいことがあったら学び始めればよいのです。大学を卒業しても独学を続ければ、自分の人生を面白くできます。学びを重ねるうちに仕事の選択肢が広がり、副業や起業につながることも多いのです。

まとめ

型通りにしないといけないという日本流の考え方を捨て、自分のやりたいことがあったら学び始めれなよいのです。学びを重ねるうちに仕事の選択肢が広がり、チャンスに出会う確率が高まります。独学を続け、自分の価値をたかめるうちに、副業や起業ができるようになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

独学という道もある (ちくまプリマー新書) [ 柳川範之 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2019/5/12時点)

楽天で購入

 

ブロガー・ビジネスプロデューサーの徳本昌大の5冊目のiPhoneアプリ習慣術がKindle Unlimitedで読み放題です!ぜひ、ご一読ください。

 

 

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
書評生産性向上アイデアクリエイティビティライフハック人脈
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント