最高の人生を約束する 自分の磨き方(オリソン・マーデン)の書評

最高の人生を約束する 自分の磨き方
オリソン・マーデン
ディスカヴァー・トゥエンティワン

最高の人生を約束する 自分の磨き方(オリソン・マーデン)の要約

オリオン・マーデンの本書の教えを実践することで、自分の能力を開花できます。自分を磨く努力を惜しまないことで、成功や幸福を手に入れることができるようになります。自分を徹底的に信じ、自己啓発に励むことで、人生の可能性は無限大に広がります。この古典によって私はエネルギーをチャージできました。

チャンスを手にれるために必要なこと

チャンスが訪れたとき、自信のない者は恐怖におびえるばかりで、積極的にチャンスをつかもうとしない。 チャンスは、自信にあふれた勇敢な求婚者を好きになり、気の小さい求婚者を信頼しない。臆病者がさんざん迷ったあげく、ためらいがちに声をかけたところで、すでに相手は勇敢な求婚者にさらわれている。 (オリソン・マーデン)

オリソン・マーデン最高の人生を約束する 自分の磨き方は、自己啓発書の原点とも言われ、19世紀に多くの人々に影響を与えた著者の思想を通じて、自己信頼の重要性や成功への道筋を示しています。マーデンは、自分を徹底的に信じることで人生の道が開けると説いており、そのメッセージは今でも多くの人々に勇気と希望を与えています。

本書はデール・カーネギーやナポレオン・ヒル、中村天風など、多くの有名な自己啓発書の原点となった作品であり、その影響力は計り知れません。マーデンは、成功や幸福を手に入れるためには、自己啓発と自己成長が欠かせないことを強調しています。

自分を磨くことで、人は自分の可能性を引き出し、最高の人生を送ることができるというのです。 著者の示す「磨き方」とは、自分自身を信じ、努力し、挑戦し続けることです。困難に直面したときにも諦めずに前進し、自分を磨く努力を惜しまない姿勢が成功への鍵だとマーデンは説いています。自分自身を信じることで、人は自己制限を乗り越え、目標に向かって進むことができるのです。 

マーデンの教えは、自己信頼と積極性の重要性を強調しています。彼の言葉には、自信のない者は恐怖におびえ、チャンスをつかむことをためらう一方、自信に満ちた勇敢な者がチャンスをものにするという深い真理が込められています。この考え方は、現代のビジネスや日常生活においても非常に重要です。

マーデンの言葉から学ぶべきは、チャンスが訪れたときに恐怖におびえることなく、それを積極的に追い求める姿勢です。恐怖や不安に囚われていると、目の前にあるチャンスを逃してしまいます。自信を持つことで、恐怖を克服し、行動を起こす勇気が湧いてきます。 

自信は一朝一夕に身につくものではありませんが、次の方法で少しずつ育んでいくことができます。
・迷ったら、前進する
道に迷ったら、前進することを選ぶようにします。前進を続ければ、問題はひとりでに解決すると言います。

・できないと言われことに挑戦する
やる前からできないと決めつけるのはやめ、やってみればきっとできると考え、行動を起こすようにします。

・小さな成功を積み重ねる
日常の小さな目標を設定し、一歩づつ着実に進むことで、達成できるようになります。これが自信につながり、行動を後押ししてくれます。

・ポジティブな自己対話
エマーソンの「正しい努力は報われる」などの自分を励ますポジティブな言葉を日常的に使うことで、自信を高められます。

・新しいことに挑戦する
未知の領域に挑戦することで、自分の限界を広げ、チャンスを手に入れられます。

・勇敢さと積極性の重要性
勇敢な人々は、チャンスを逃さずに活用するため、成功の確率が高まります。リスクを恐れて行動をためらうよりも、リスクを理解しつつ積極的に行動することが大切です。 アイデアや計画を持っているだけでは不十分であり、実際に行動に移すことで初めて成果が得られます。

・自分を徹底的に信じる
自分を信じることで、無限の可能性が広がります。著者は自分を徹底的に信じることが重要だと本書で繰り返します。

・毎日を有効に活用する
時間を人生の資産と捉え、有効活用すると決め、それを実行することで変化を起こせます。隙間時間に本を読むことを著者は推奨していますが、この習慣が私の人生を変えてくれました。

失敗者はチャンスを待ち、成功者はチャンスをつくる。 チャンスがないと嘆く暇があれば、自分でチャンスをつくればいい。 チャンスとは向こうからやってくるものではない。 チャンスとは自分の頭の中で生まれるものであり、それを行動力によって活かせばいいのである。

失敗から学ぶことができる成功者は、チャンスを待つのではなく、自らチャンスをつくることを心がけています。自分の頭の中で新たなアイデアや機会を見つけ、それを行動に移すことで、成功への道を切り拓いているのです。

チャンスは自らの努力と行動力によって生まれるものであり、その活用が成功への近道となるのです。成功者は、チャンスを待つのではなく、自らの力でチャンスをつかみ取ることが重要であると知っています。

 

情熱を燃やせば、夢は現実になる!

情熱を燃やしている人にとって、苦難や迫害、嘲笑は何の意味も持たない。 世界史に残る偉業はすべて情熱のなせるわざである。 どんな職業であれ、情熱を燃やしている人には、成功の扉が魔法のように開く。情熱を燃やすというのは、何かに全身全霊を傾けるということだ。

情熱を燃やすことは、人生のあらゆる場面で非常に重要な要素です。情熱を持って取り組むことで、苦難や迫害、嘲笑などの障害がどれほど小さなものに感じられるかを実感することができます。世界史に残る偉業も、すべて情熱の力によって成し遂げられました。情熱を持つことがどれほど大きな影響力を持つかを示しています。

例えば、古代ローマのシーザーがルビコン川を渡った時、彼の情熱と決意がその行動を支えていました。コロンブスが大西洋を航海し、新しい大陸を発見したのも、彼の情熱と冒険心が原動力でした。ナポレオンがアルプスを越えたときも、エジソンが白熱電球を発明したときも、ライト兄弟が人類初の有人飛行に成功したときも、その背景には強い情熱がありました。

職業においても、情熱を持って取り組む人は成功への扉が開かれます。情熱を持っている人は常に全力で取り組むことができ、その努力が結実して成果を生むからです。情熱を燃やすということは、一つの目標や活動に全身全霊を傾けるということであり、その集中力が成功への鍵となります。情熱は奇跡を起こす力を持ち、文明を常に進歩させてきました。

太古の昔から現代に至るまで、情熱は成功の礎だったのです。情熱がなければ、偉大なものは何ひとつ創造されなかったでしょう。

一方で、学校を卒業して社会に出てから、中年になってもほとんど進歩していない人がたくさんいると著者は指摘します。彼らはとっくの昔に情熱を失ってしまったのです。情熱を失うことは、成長や成功への道を閉ざすことになります。 私自身も若い頃に情熱を失い、44歳までアルコールに依存していました。しかし、学生時代の夢であった本を書くというビジョンによって、私はその後、泥沼から抜け出すことができたのです。

この経験を通じて、情熱が人生においてどれほど重要であるかを再認識しました。情熱を持つことで、私たちは困難を乗り越え、自己成長を遂げ、最終的には成功を収めることができるのです。

過去の愚かな行為や不幸な経験という幻影をいつまでも引きずって、現在を台無しにすることほど残念なことはない。今まで失敗続きだったとしても、過去を忘れて新しく出発すれば、素晴らしいことができるはずである。過去のつらい思い出を捨てて、希望に満ちた明るい人生を送ろう。

情熱を持ち続けることが、どれほど大きな力を持つかを理解し、それを自分の人生に取り入れることで、誰もが充実した人生を送ることができるでしょう。仕事に対する情熱が、私たちの可能性を広げ、目標達成への原動力となります。イノベーションを起こすことも起業家に情熱があるから実現できるのです。

楽観主義は、希望に満ち、喜びをもたらし、生命力を高めるポジティブな力です。楽観主義者は、困難に直面しても前向きな姿勢を保ち、可能性を信じて努力を続けます。その結果、未来に希望を見出し、周囲にも明るさをもたらします。

一方、悲観主義は、絶望に打ちひしがれ、悲しみを生み出し、生命力を低下させるネガティブな力です。悲観主義者は、困難に直面すると挫折感や否定的な思考にとらわれ、自らの可能性を見失いがちです。経営者が悲観主義者であったなら、その会社の従業員は不幸です。当たり前です、楽観的な経営者に比べ、悲観的な経営者は不利になります。

悲観主義に陥ると、失敗者だと感じ続けることがありますが、考え方を変えることで人生を変えることが可能です。貧困と縁を切りたいなら、生産的で創造的になり、自信に満ちた前向きな考え方を持つことが大切です。楽観主義は、成功への一歩を踏み出す勇気と希望を与える強力な心の支えです。楽観主義者は、チャレンジを恐れず、失敗を学びの機会として捉え、成長を続けます。

人生にはさまざまな試練や困難が待ち受けていますが、その中で楽観主義の力を信じ、前向きな姿勢を保つことが重要です。考え方を変えれば、人生の見え方も変わります。自分を信じ、ポジティブな考え方を持つことで、困難に立ち向かい、克服することができます。楽観主義は、人々に希望と勇気を与え、生命を躍動させる素晴らしい力なのです。

オリオン・マーデンの本書の教えを実践することで、自分の能力を開花できます。自分を磨く努力を惜しまないことで、成功や幸福を手に入れることができるようになります。自分を徹底的に信じ、自己啓発に励むことで、人生の可能性は無限大に広がります。この古典によって私はエネルギーをチャージできました。


この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
哲学リーダーパーパス文化習慣化書評生産性向上ブログアイデアクリエイティビティライフハック時間術
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました