読書が人生を変える!オリソン・マーデンの『最高の人生を約束する 自分の磨き方』を読む理由

woman reading book sitting beside electronic keyboard

最高の人生を約束する 自分の磨き方
オリソン・マーデン
ディスカヴァー・トゥエンティワン

最高の人生を約束する 自分の磨き方(オリソン・マーデン)の要約

生涯の宝物となるような良書をたくさん読む習慣を身につけましょう。良書との出会いは、私たちの視野を広げ、未知の世界への扉を開いてくれます。これにより、人生はより充実し、豊かになるのです。良書は知識を深め、心を豊かにし、人生をより充実させるための貴重な財産なのです。

読書を日々の習慣にしよう!

ふだんつまらない娯楽に費やしている1時間を有効に活用すれば、平凡な能力しかない人でも非凡な成果をあげることができる。1日に1時間の勉強を10年にわたって継続すれば、どんなに無知な人でも博識になることができる。1日に1時間、本を20頁ずつ読めば、年間で7千頁以上を読むことができる。(オリソン・マーデン)

オリソン・マーデンは自己啓発のパイオニアとして、多くの人々に日々の小さな習慣が大きな成果をもたらすことを説いてきました。彼の教えの一つに、「日々の1時間を有効に活用することで、平凡な人でも非凡な成果を上げることができる」というものがあります。このシンプルな考え方は、多くの人々が自分の人生を改善するための強力なツールとなり得ます。(オリソン・マーデンの関連記事

例えば、毎日1時間以上を学びに費やすと決め、それを10年間続けることができれば、その分野での専門知識を深め、自分自身を大いに成長させることができます。これにより、生活の質を大きく向上させることができるのです。

私自身、44歳までアルコール依存症に苦しんでいました。しかし、断酒をきっかけに自分の人生を変える決心をしました。断酒は簡単なことではありませんでしたが、それが新しい習慣を作る第一歩となったのです。 断酒後、私は毎日お酒を飲んでいた時間を読書に充てることにしました。

マーデンが指摘するように、良書からは多くの学びが得られます。私も読書を通じて多くの著者たちのアドバイスに耳を傾け、自分の悪い習慣を良い習慣に変えていったのです。 良いこのように日々の時間を有効に活用することで、私の生活は劇的に変わりました。まず、読書を通じて得た知識は、私の視野を広げ、新しいアイデアや考え方を学ぶ助けとなりました。

習慣術、時間管理や目標設定の方法を実践することで、より計画的に行動することができるようになりました。 さらに、読書を習慣化することで、精神的な充実感も得られました。

本を読むときは必ず筆記具を手に持ち、新しい考え方のヒントを得たら、それを忘れないうちに書きとめよう。良書を読んだら一人で散歩をしながら、学んだことを振り返ってみよう。偉大な思想家によって書かれた良書から学ぶべきことはたくさんある。

読書メモをつくることは有効です。私も毎日この書評ブログに著者からの学びを記録することで、点と点がつながり、新しいアイデアが浮かぶようになりました。読書のコネクティング・ドットがビジネスにもよい影響を及ぼすことを実感しています。

良書との出会いが人生を豊かにしてくれる理由

最も役に立つ本とは、最も考えさせてくれる本だ。小説、科学書、哲学書、自己啓発書のどれであれ、何らかの本を読んで刺激を受け、 ものの見方が大きく変わったなら、それは良書である。

最も役に立つ本とは、最も考えさせてくれる本だといわれます。小説、科学書、哲学書、自己啓発書など、ジャンルを問わず、刺激を受けてものの見方が大きく変わったなら、それは間違いなく良書です。私たちはできる限り多くの良書を手に入れ、読破することを目指すべきです。良書は、知識を深め、心を豊かにし、人生をより充実させるための貴重な財産です。

良書との出会いは、私たちの視野を広げ、未知の世界への扉を開いてくれます。ある日、突然、目の前に新しい世界が広がり、これまで以上にあらゆることが興味深く感じられる瞬間が訪れます。たった一冊の良書が、多くの人の人生において崇高な道を歩み始めるきっかけとなることがあります。こうした良書との出会いは、一生の財産となり、私たちに新たな視点を提供し、人生のあらゆる局面で役立つ洞察を与えてくれます。

すべての人は、自分と家族のために、良書をたくさん収めた本棚を持つべきだと著者は言います。これにまさる贅沢はほとんどありません。私はKindleに書棚をつくり、良書を再読するようにしています。また、この書評ブログも私の本棚がわりになり、資料を作るときのアイデアの源泉になっています。

読書は単なる情報収集の手段ではなく、心と頭を豊かにする素晴らしい体験です。私たちが良書を通じて得る知識や洞察は、日常生活における問題解決や自己成長に役立つだけでなく、人生をより深く、豊かに生きるための指針ともなります。時間を無駄にせず、その時間を活用して貴重な読書体験を積み重ねていくことが大切です。

読書(インプット)とブログ(アウトプット)の習慣は私の人生に大きな変化をもたらしました。私はSNSでのアウトプットを積極的に行うことで著者となり、この書評ブログを2011年から1日も休まずに継続することで、ネットワークが拡大し、社外取締役やアドバイザー、大学の特任教授にもなれたのです。

以前はアルコールに依存していた時間が、今では知識を深めるための貴重な時間となり、自分自身に対する自信も増しました。これにより、よりポジティブな考え方が身につき、日常生活においても前向きな姿勢で取り組むことができるようになりました。インプットとアウトプットのおかげで、17年前の自分とは全く違う存在になれたのです。

生涯の宝物となるような良書をたくさん読む習慣を身につけましょう。良書との出会いは、私たちの視野を広げ、未知の世界への扉を開いてくれます。これにより、人生はより充実し、豊かになるのです。良書は知識を深め、心を豊かにし、人生をより充実させるための貴重な財産なのです。

新刊 最強Appleフレームワーク: ジョブズを失っても、成長し続ける 最高・堅実モデル!


 

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
投資パーパス習慣化Kindle書評生産性向上IT活用ブログアイデアアルコール依存症クリエイティビティライフハック人脈時間術読書術
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました