Kindle

スポンサーリンク
習慣化

超効率耳勉強法(上田渉)の書評

視覚に頼るだけではなく、聴覚を活用することで、脳の働きがよくなり、記憶が定着するようになります。耳の隙間時間は1日8時間あると言われていますが、オーディオブックを習慣化することで、自分の可能性を広げられます。耳学問を今日から始めることで、自分を良い方向に変えられるのです。
投資

未来へ導く 1%の人だけが知っている 魔法の読書法 (望月俊孝)の書評

多くの人は良書に触れても、読みっぱなしで終わっていますから、実際に行動することで、一歩も二歩もリードできます。これを繰り返すうちに、確実に自分を変えられます。本で得た知識をビジネスでアウトプットすれば、結果を変えられます。良書に巡り会うためにROIを意識し、速読を実践しましょう。
習慣化

積読こそが完全な読書術である(永田希)の書評

積読は正しいと言うマインドセットが、自分を強化してくれます。自分の積読環境を増大させると同時に、様々なカテゴリーの書籍を積読することで、自分の世界を拡大できます。情報過多でファスト思考を強いられる中、ビオトープ的な積読環境を構築することで、自己を肯定する機会を増やせるようになります。
Instagram

スマートフォンとソーシャルメディアが孤独を加速させる理由

目の前の人との悪影響を及ぼすスマホを使いすぎることで、現代人がお互いを理解し合い、つながり合ううえで重要な働きをする共感力を損なわせます。スマホやソーシャルメディアは依存症を引き起こします。孤独に陥らずに、幸福度を高めるためには、スマホやソーシャルメディアと距離をおくべきです。
アマゾン

ジェフ・ベゾスの名言から振り返る!アマゾンの成長を加速させたキンドルの役割とは?

ジェフ・ベゾスは顧客中心主義によって、電子書籍のマーケットでも革命を起こしました。①常に顧客中心に考えること ②発明を続けること ③我慢強くあること。ベゾスはキンドルを普及させるときにもこの3つのルールを守り、キンドルを進化させていったのです。
アマゾン

高橋久美子氏の人生が変わるアウトプットの技術: ~人間関係・収入・変化・自己受容~全てを叶える新時代のアウトプット術とは?~の書評

以前は難しかった出版が、アマゾン・キンドルのおかげで身近になりました。電子出版を活用することで、パーソナルブランディングが簡単にでき、結果を得られるようになります。初対面の相手には安心感を与えられますし、電子書籍から優良な見込み客のリストも手に入ります。
習慣化

誘惑の抱き合わせが習慣化に効果あり!ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣の書評

人間も、誇張された現実に惹かれやすい。たとえば、ジャンクフードはわたしたちの報酬系を熱狂させる。何十万年も自然のなかで狩りをしたり食料を探しまわったりしたため、人間の脳は、塩と糖分と脂肪を重視するよう進化した。そういう食物はたいてい高カロリ...
アマゾン

アマゾンは小売業?それともテクノロジー企業なのか?

アマゾンは顧客の買い物体験からフリクションを減らすために、アイデアを生み出し、テクノロジーを絶えず進化させています。テクノロジーの開発では多くの失敗を繰り返してきましたが、それを乗り越え、顧客との関係を強化してきました。その結果、時価総額はマイクロソフトに次ぐ存在になったのです。
習慣化

武井一巳氏のジェフ・ベゾス 未来と手を組む言葉の書評

アマゾンは「実験の回数を100回から1000回に増やせば、イノベーションの数も劇的に増える」を企業文化にすることで、イノベーションを起こし続けています。果敢な挑戦によって、アマゾンはエブリシング・ストアの地位を固め、起業からわずか20数年で株式時価総額1兆ドルを達成したのです。
習慣化

本を処分するために覚えておきたい4つのメソッド

本を手放せないのは、たいてい「本好き」と呼ばれる人たちだ。この種の人は、寝室に本の山をつくり、鞄の中にはつねに本を携帯し(昼休みに読むためだ)、2つ以上の部屋に本棚を置き、本をぎっしり詰めている。本を何千冊も持っていても、または数冊だけでも...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました