amazon「帝国」との共存

スポンサーリンク
ブログ

ROBOやショールミングが、顧客の買い物スタイルを変え始めた!

ROBO(オンラインでリサーチしてオフラインで購入する)やショールミングといった顧客の購買行動の変化が小売業の売上を左右するようになりました。オンラインとオフラインをマージし、テクノロジーを進化させているアマゾンの動きを注視し、対策を練らないとアマゾンに売上を奪われてしまいます。
AI

アマゾン・アレクサでの検索順位を上げる方法。

AIスピーカーの重要性が増しています。アマゾン・アレクサで顧客をつかまえたければ、キーワード、タイトル、商品の特長を押さえた箇条書きや説明文など、検索の基本が依然として重要になります。従来の検索と音声検索の両方で、クリック率とコンバージョン率を高める商品説明を心がけるとアマゾンでの売り上げがアップするのです。
AI

AIが変えるアマゾンの未来

アマゾンのAIはレジ無し店舗、ロボットエ学、無人自動車、ドローン、音声アシスタントを次々と現実のものにし、顧客満足度を高めることに成功しています。アマゾンが得た膨大な顧客データを分析することで、商品開発、品揃え、プロモーションの精度が上がり、アマゾンはより強者になっていくはずです。
アマゾン

アマゾンは小売業?それともテクノロジー企業なのか?

アマゾンは顧客の買い物体験からフリクションを減らすために、アイデアを生み出し、テクノロジーを絶えず進化させています。テクノロジーの開発では多くの失敗を繰り返してきましたが、それを乗り越え、顧客との関係を強化してきました。その結果、時価総額はマイクロソフトに次ぐ存在になったのです。
AI

PB戦略によって、アマゾンはより強くなる?

アマゾンのPBがその存在感を増しています。アマゾンは顧客データを分析しながら、PBやマーケティング施策を日々改善しています。アマゾンのこの動きは、グーグルやウォルマートなどの競合だけでなく、ナショナルブランドにも大きな影響を及ぼしています。
アマゾン

アマゾンは2025年に食品スーパーを激変させる?

オンラインとオフラインが、もはや対立するものではないと認識した小売たちは、先を争うように両者の均衡を手に入れようとしている。しかし問題は、誰が最初にそこへたどり着くかだ。従来の実店舗型チエーン店が先にeコマースをものにするか、はたまたデ...
習慣化

アマゾンプライムがアマゾンの最高傑作である理由

アマゾンはアマゾンプライムによって、できるだけ多くの買い物客をエコシステムへ誘い込み、最大級の顧客価値を永続させる戦略をとっています。アマゾンプライムの会員はアマゾンへのロイヤルティが高く、売り上げや利益に貢献しています。アマゾンは顧客データを分析することで、商品、サービスの改善を行い、顧客体験を高める努力を続けています。
AI

書評 ナタリー・バーグ&ミヤ・ナイツのamazon「帝国」との共存

アマゾンは顧客体験を高めるための進化をやめません。今後、小売業界はアマゾンを中心に大きく変化していきます。イノベーティブな投資を続けるアマゾンはあらゆる接点で、顧客を喜ばすサービスを開発しています。アマゾンは小売だけでなく、やがては銀行をも打ち負かす存在になるはずです。
スポンサーリンク