Facebookが13歳未満の子供の投稿を認める動きを始めているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日のThe Wall Street Journal(WSJ)の報道によると
Facebookが13歳未満の子供の投稿を検討しているようです。
Facebook Explores Giving Kids Accessという記事から少し引用します。

Facebook Inc. is developing technology that would allow children younger
than 13 years old to use the social-networking site under parental supervision,
a step that could help the company tap a new pool of users for revenue 
but also inflame privacy concerns.
Facebookが親の監視下には置かれるようですが
13歳未満の子供の投稿を制限付きで行える技術を開発したようです。
収入アップのためとは言え、この開発でプライバシー問題が再燃するかもしれません。 
(この時期のリークは低迷するFacebookの株価対策ですかね!)
親のアカウントと子供のアカウントはリンクして
子供のアプリやゲームの使用を制限できるようです。
現状では13歳未満のFacebookの投稿は禁止されていますが
年齢を偽る子供達が後を絶たないようです。
Facebookがこれだけのプラットフォームになると
年上の先輩が使っているFacebookで交流したいと思う子供達の気持ちも判ります。
また、プライバシーや投稿のルールがない中で
年齢を偽ることでのトラブルも見過ごせません。

制限付きでの投稿で、トラブル回避を狙い
最終的には収入アップにつなげたいFBの今回の試みですが
結局は、親がどこまで自分の子供をチェックできるかにかかってきます。

ソーシャルメディア時代は親の責任がますます問われる時代なのかも知れません。
家庭でソーシャルメディアのリテラシー教育もしなければならないのですね!
しかし、自分の子供時代の思い出をFBのタイムラインに残せる今の子供達が
ソーシャルおじさん徳本は、少し羨ましくなりました。

Follow Me on Pinterest      
オルタナティブ・ブログ書き始めました!  
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
この書籍がお薦めです!  

   

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る