なぜ、朝活を主催するのか?

この数年の「朝活ブーム」は本当に凄いですね。
都内の有名なカフェやホテルのラウンジでは
毎朝、様々な朝活が開催されています。

私も時間を作っては、都内で行われている読書会や
朝カフェの会(ソーシャルおじさん17号の鈴木拓さん主催)
文具朝活(ソーシャルおじさん10号の高木芳紀さん主催)などに参加しています。
恵比寿のエビカツも大好きな方々が集まっているので
もっと、参加したいと思うのですが、なかなかタイミングが合いません。
定期的にエビカツには参加したいと思うほど、魅力的な朝活です。

さて、良い朝活に参加するのも楽しく、とても勉強になるのですが
参加するだけでは、朝活の価値を半分もGetでません。
朝活は自分で主催者になる方が遥かに価値があると思います。
朝活の主催者になることで自分のコミュニティーを作れる恩恵があり
ネットワークの幅が格段に広がるというのがその理由です。
朝活コミュニティを通じて、ソーシャルメディアやブログに付加して
リアルでの情報発信もできるようになります。
情報発信力はこれで格段に変わります。

ソーシャルメディアで知り合った興味関心領域が同じ方と
朝活を通じて出会い、関係強化ができるのは
ソーシャルメディア時代を生きる人の特権の一つだと思っています。
この特権を使わない手はないですね。
また、朝活を継続することで、友達が友達を誘ってくれるようになり
新たな出会いがオートマティックにデザインできるのです。
ここから今までになかった気付きやアイデアも得られます。

ソーシャルメディアだけでのコミュニケーションでは
友達の隠れた資産を見つけることはできません。
逆に、自分もソーシャルの友達に自分のほんの一部分しか
理解されていない可能性もあり、これではもったいないですね

頭が鋭く働く朝の時間で、ソーシャルの仲間と出会う場を
自ら創り出すことで人生は、間違いなく楽しくなります。
待っているだけでなく、朝活と言うリアルスペースを自分で作り出し
一歩前に踏み出してみましょう。
まるで、違った景色が見えるようになります。

今は昔と違い、ソーシャルメディアでイベントを作成し
人を招待することも簡単にできるようになりました。
朝活のハードルは数年前に比べ、格段に下がっています。
是非、これを機会に新しい朝活にチャレンジしてみてください。
お誘いいただければ、時間を合わせて私も参加させていただきます。

私、ソーシャルおじさんも以下の朝活(読書会)を行っています。
近々の予定をご案内しておきますが、メンバー制ですので
ご興味ある方はFacebookにてメッセージをいただければご案内致します。
3月6日朝7時半〜 渋谷セルリアンタワーかるめら 
2月28日朝8時〜 浅草合羽橋珈琲
Photo credit http://www.flickr.com/photos/marcosdemadariaga/6656030373/
キーマンズネットのFacebook記事連載です。(2月25日更新)
オルタナティブ・ブログ書き始めました! 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから

  ;

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る