明日はなんとかなると思う馬鹿者。今日でさえ遅すぎるのだ。あなたの能力をもっと引き出す 1分間集中法(石井貴士著)の書評

明日はなんとかなると思う馬鹿者。今日でさえ遅すぎるのだ。賢者はもう昨日済ましている。(チャールズ・クーリー)

スクリーンショット 2015-08-01 20.13.03
アメリカの社会学者のチャールズ・クーリーのこの言葉を読むと
先延ばしをやめて、すぐにアクションを起こしたくなります。
そのためには、行動までの時間をできるだけ、ゼロにすることが肝心です。
すぐに集中できるようになれれば、結果が伴うようになります。

あなたの能力をもっと引き出す 1分間集中法石井貴士著)では
集中力を鍛える方法が紹介されています。

行動までの時間を限りなくゼロに近づけると、一気に集中できる仕事をしようと思ってから、実際に取り掛かるまでの時間が限りなくゼロの人が、集中できる人です。(石井貴士)

集中力があれば、いろろなことを短時間でできるようになります。
一気にタスクを始めることを習慣化すれば、自分の時間を作れるようになるのです。
そのためには、人に邪魔されない、自分を邪魔しないがキーになります。
他人から集中を分断されなければ、集中の敵は自分だけですから
すぐにスタートできるように、自分をコントロールしてみましょう。

仕事をしようと思ったら、その瞬間にパソコンに向かってキーボードを叩いていないと、遅いのです。「勉強しよう。あ、その前に、友達に1本メールを打とう」と思った瞬間に、集中が途切れます。メールを打ち終わった後に、もう一度「勉強しよう」とモチベーションを立て直さなければいけなくなってしまうのです。これをやろうと思った瞬間にゼロ秒でやれば、すぐに集中状態に入れるのです。

嫌なことと異なり自分の好きなことには、集中できます。
最初のうちはブログを書くのが、苦手だったのですが
ブログを書き続けているうちに、人から応援されるようになり
ブログの更新が楽しくなってきたのです。
やらなければならないことを好きになることも
集中力を高めるポイントになるのです。

他者の評価が、モチベーションになり
ブログを書く時間を確保しようと意識が変わりました。
人から邪魔されない朝一の時間を使うことで
集中力を鍛えることができました。

私は、朝起きてすぐのタイミング、通勤・移動時間などで
このブログを書いていますが 
パソコンでWordPressを開けば、一気にブログの世界に浸れます。
文字を一行でも書き始めれば、他のことを考えなくなり、ブログに集中できます。
人から邪魔されない時間をつくりだすことで
 30分から45分で、ブログをアップできるようになったのです。
ブログを書く時間を短縮することで
今では一日に3本のブログを更新しています。

成功するため必要なのも、1、そもそもの努力の総量を増やすこと 2、やることを1つに絞ることなのです。

ブログを書く時間を増やすこと、朝はそれに集中することで
記事が大量にストックされ、ネットである程度の存在感を示せるようになりました。
その結果、ブログから書籍の執筆や連載などのチャンスを引き寄せ
私の人生はどんどん楽しくなっているのです。
ブログのおかげで、他のタスクにも集中力が使えるようになり
いろいろなことのチャレンジできるようになったのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: 04.14.DontBombIraq.WDC.21feb98 via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る