Kindle

スポンサーリンク
アマゾン

ジェフ・ベゾスの名言から振り返る!アマゾンの成長を加速させたキンドルの役割とは?

ジェフ・ベゾスは顧客中心主義によって、電子書籍のマーケットでも革命を起こしました。①常に顧客中心に考えること ②発明を続けること ③我慢強くあること。ベゾスはキンドルを普及させるときにもこの3つのルールを守り、キンドルを進化させていったのです。
アマゾン

西村克己氏の1分間ジェフ・ベゾス Amazon.comを創った男の77の原則の書評

アマゾンは今回のコロナパンデミックにおいても、顧客体験を高めることでより優位な立場をとることに成功します。アマゾンはすべての判断基準を顧客におき、失敗を成功の途中経過と捉えることで、顧客をファンに変え、競合との戦いに勝利しています。
アマゾン

コロナ後の時代の書評。スコット・ギャロウェイが予測するGAFAの中で勝ち残るのはどこか?

今回のコロナパンデミックの中でGAFAの存在感が増しています。競合各社がロックダウンで守勢に回る中で、人々はますますGAFAでお金と時間を使うようになったのです。今後GAFAはお互いの領域を侵食し合いますが、ギャロウェイはアマゾンが勝者になる可能性が高いと言います。
アマゾン

高橋久美子氏の人生が変わるアウトプットの技術: ~人間関係・収入・変化・自己受容~全てを叶える新時代のアウトプット術とは?~の書評

以前は難しかった出版が、アマゾン・キンドルのおかげで身近になりました。電子出版を活用することで、パーソナルブランディングが簡単にでき、結果を得られるようになります。初対面の相手には安心感を与えられますし、電子書籍から優良な見込み客のリストも手に入ります。
アマゾン

アマゾンは小売業?それともテクノロジー企業なのか?

アマゾンは顧客の買い物体験からフリクションを減らすために、アイデアを生み出し、テクノロジーを絶えず進化させています。テクノロジーの開発では多くの失敗を繰り返してきましたが、それを乗り越え、顧客との関係を強化してきました。その結果、時価総額はマイクロソフトに次ぐ存在になったのです。
習慣化

武井一巳氏のジェフ・ベゾス 未来と手を組む言葉の書評

アマゾンは「実験の回数を100回から1000回に増やせば、イノベーションの数も劇的に増える」を企業文化にすることで、イノベーションを起こし続けています。果敢な挑戦によって、アマゾンはエブリシング・ストアの地位を固め、起業からわずか20数年で株式時価総額1兆ドルを達成したのです。
AI

田中道昭氏のGAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略の書評

GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)とBATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)という最強のプラットフォーマーの事業形態と戦略を最新の情報を元に、田中道昭氏が独自の「5ファクターメソッド」で分析する良書です。特に現地取材に基づいたBATHの分析から多くの学びを得られます。
セレクト

エンゲージメント4Pで顧客体験を高め、勝ち続けるアマゾンという存在。

アマゾンといえど、「本」というモノを売るだけでは、本を買ってからの使用段階には入り込めない。唯一、本に対する任意のレビューデータを見るしかなかった。しかしキンドルというチャネルを待つことによって、アマゾンは「本(モノ)」ではなく、「読書...
Apple

スコット・ギャロウェイのthe four GAFA 四騎士が創り変えた世界の書評

フェイスブックとグーグルはメディアを、アップルは電話を支配している。そしてアマゾンは小売業界を制覇しようとしている。(スコット・ギャロウェイ) photo credit: Bennilover BB, Caught in th...
習慣化

自分のスマホにしつけをして、生産性を高める方法。

そろそろ、あなたのスマホにもしつけをするべき頃合いだ。「静かに」「おすわり」「テーブルに乗るな」など、厳しいトレーニングを始めよう。(デボラ・ザック) photo credit: Paucal ghost in L.A. via p...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました