読書に集中して、自分を成長させながら幸せな時間を増やそう!

習慣化

書物そのものは、君に幸福をもたらすわけではない。ただ書物は、君が君自身の中へ帰るのを助けてくれる。(ヘルマン・ヘッセ)

スクリーンショット 2016-05-28 11.49.58
最近はiPhoneのKindleアプリで読書をすることが多いのですが
今日のような休みの日は、自宅で紙の書籍を読むようにしています。
電車での移動中や隙間時間の読書は手軽に読めるKindleが便利なのですが
iPhoneだとソーシャルメディアのプッシュ通知が気になり、読書に集中できなくなります。
スマホの読書は、いつでもどこでも好きな本を読めるメリットはありますが
集中するのは、なかなか大変です。
Kindleで面白い本を見つけたら、プッシュ通知をやめたり
自分が集中できる場所へ移動して読むなど工夫しないと
本の価値を半減させてしまいます。
ヘッセは自分を取り戻すためには、読書が効果的だと言っていますが
これには集中することが欠かせません。
たまには、Kindleだけでなく紙の本に集中する時間をつくって
自分との対話する時間を持つのもよいでしょう。
図書館やカフェなどでゆったりとした時間を過ごすことで
心と体をリラックスさせるのです。

面白い本を見つけるということは、実は幸せなことなのです。
価値ある本を読むことで、集中する時間を増やせます。
私たちは集中することで、嫌なことを忘れることができ、人生の質を高められます。

私は落ち込んだ時やイライラしている時には
本を読んだり、ブログを書くようにしています。
面白い本に夢中になれば、あっという間に嫌なことを忘れることができます。
たとえば、満員電車も本やブログに没頭していれば、あっという間です。
朝の通勤電車でも、読書とブログを書いているとすぐに目的地に着きます。
朝から集中しながら、満員電車で自分の時間を楽しめるのも
読書とブログを習慣化したおかげです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
読書に関する関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: The Reader II via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント