夢を周りに話すこと、宣言することで、一体何が起こるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私の大好きな作家が「私は張り切れば張り切るほど、運がよくなるタイプだ」と得意げに話したことがある。目標を設定してリストを作成し、自分が求めているものをまわりの人に話すと、多くの人が手を貸してくれる。それが運なのだ!ばかげたアイデアだと思っても、みんなにそれについて話してみよう。ばかげたアイデアではないと思う人が現れて、あなたに手を貸してくれるかもしれない。(ドン・エシッグ)

スクリーンショット 2015-11-10 22.46.16

自分のやりたいことや夢を日本人は、あまり人に話したがりませんが
私はどんどんオープンにすべきだと考えています。
人に話したり、宣言することで、後には引けなくなり、行動できるようになります。
あなたの夢に興味を持った周りの人が、協力を申し出てくれたりもします。
また、潜在意識に夢が刷り込まれ、必要な情報が見つかるようになるのです。

ブログやソーシャルメディアで夢を宣言することも効果があります。
ネット上に情報を流すことで、自分に興味を持ってくれる人が一気に増えるのです。
キーワード検索で、自分がやりたいことに興味を示す人が出てきます。
ソーシャルメディアの友だちの友だちが、あなたの夢を実現してくれる人かもしれません。

最近では、メディアの人間がニュースを求めて、面白い人を探していたり
ファンドが投資先を探していたりもします。
情報をアウトプッとすれなするほど、多くの人と出会えるようになるのです。

以前、Mac FanにiPadアプリの記事を書いていたのですが
雑誌のリニューアル時に一旦連載をお休みしました。
また、何かできたらよいなと思いながら、このブログで翻訳書の書評を書き続けていたら
編集長から書評ページのオファーを頂けたのです。
雑誌に、連載ページを作ってもらえたのはとても光栄なことです。
それもやりたかった書評ページを自分のために作ってもらえたのは、最高にラッキーなことです。
幸せがブログ経由で、運ばれてきたと言っても言い過ぎではありません。

また、読書術についての本を書きたいと思って、読書の記事を何本かブログに書いていたら
電子書籍の企画がとんとん拍子に決まりました。
読書に関する記事をブログに書き続け、それを編集していただいたのが
人生を変えるための読書術なのです。

このようにやりたいことをブログに書いていると
夢がどんどん実現したり、面白いことが運ばれてきます。
インプット&アウトプット、そして、人に会うことを心がけていると
人脈が広くなり、いろいろな情報が集まるようになります。
その情報によって、夢が叶うこともありますし
良いと思った情報をパスしているうちに、面白い情報が集まってくるのです。
私にとって、このブログが、夢を実現するための入り口になっています。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
   

photo credit: European Education, Training and Youth Forum 2012 via photopin(license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る