仕事に行く前に、最幸の一日をイメージする。(福島正伸)

毎日ワクワクな気持ちで過ごすためには、朝時間が重要になります。
その日1日を良い日にするために、福島正伸氏が言うように
最幸の一日をイメージすることを習慣にしてみましょう。

私は就寝前に翌日のスケジュール表をチェックします。
翌日に会う人を確認して、何を話すかを少し考えながら眠りにつきます。
潜在意識にその人のことを刷り込むと、寝ている間に力が働きます。
翌朝、再度スケジュールを確認しながら
その人とのミーティングをポジティブにイメージします。

会う人への感謝の気持ちや自分が何で貢献できるかを考えながら
今日、話すことを整理していくのです。
その際、ネガティブなことは排除し、ポジティブなことのみ考えるようにします。
そのミーティングがうまくいったとイメージできたら、次の予定をイメージします。

その際、私は以前ご紹介したアンソニー・ロビンズのパワークエスチョンを活用しています。
アンソニーの7つの質問を使うと、短時間で頭を整理できるようになります。

朝のパワークエスチョン
1 今、自分の人生で何が一番幸せだと感じるか。
2 今、自分の人生で何が一番刺激的だと感じているか。
3 今、自分の人生で何に一番誇りを感じているか。
4 今、自分の人生で何に一番感謝しているか。
5 今、自分の人生で何を一番楽しいと感じているか。
6 今、自分の人生で何に一番一生懸命になっているか。
7 私は誰を愛しているのか。誰が私を愛しているのか。

自分のやりたいことと相手への貢献を考えることで
自分の価値を相手に伝えることができます。
パワークエスチョンから導いた自分の人生の目的を確認しながら
相手に対してできることを考えると、ワクワクなストーリーが頭に浮かんできます。
これを繰り返すことで、相手との関係をより良いものにできるのです。

会う人との楽しい会話をイメージすると不思議とその通りに話が進みます。
叶えたいことを実現したとイメージすることで
それが引き寄せられるようになります。

私たちは心に強くイメージしたものを日常的に意識し始めます。
楽しい会話をイメージしておくことで、私たちはそのイメージ通りに行動します。
その結果、思った通りのことが起こる確率を上げられるのです。

悪いイメージを捨てて、自分の人生をよくする方向に舵を切り直しましょう。
自分の人生に変化をもたらしたいのであれば、朝目覚めると同時に
今日1日の予定をポジティブにイメージするのです。
出会う人との会話の中に幸福、感謝、楽しさ、熱意を入れ込みましょう。
ポジティブなイメージを習慣化することで、自分を変えられるようになるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
   

 

 

 

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る