やりたいことを見つけたら、それに時間を集中しよう!

一番大切なことのために、充分な時間とお金とエネルギーを使おう。(リチャード・ブロディ)

スクリーンショット 2016-01-18 15.17.20

読書と書くことに私は自分の時間とお金を費やしています。
本への投資は惜しまず、気になった本を見つけたら
迷わず購入するようにしています。
本が私の人生を変えてくれることを、この数年で学んだからです。
今では、本に時間とお金を投資することが、私の中の人生の基本戦略になっています。

本には自分のやりたいことを実現するヒントがたくさん書かれています。
夢を実現しようとワクワクしながら本を読むと
神様が素敵な情報を届けてくれるのです。
見つけたキーワードを忘れずにメモして、仮説(ストーリー)を作り
どんどんアウトプットすると、新たな出会いをデザインできます。
ビジネスでのミーティングや人に会った時に、ワクワクしながらそれを伝えると
人の紹介やアドバイスをもらえるようになります。
また、書かれていることを信じて、行動に移すと結果が出始めます。

夢が叶うと考えるのか、無理だと諦めるのかは、本人の選択次第です。
以前の私は夢は叶わないものだと決めつけ、いつもお酒に逃げていました。
本に書かれている成功者の話は他人事だと捉えて
自分には関係ない話だと思い込んでいました。
私は9年前に断酒をする時に、この思い込みを捨てることにしました。
その結果、人生が良い方向に動き始めたのです。

まずは、知り合いの著者の主張や体験を信じてみることにしたのです。
自分に近い人ならそれが事実か確認できますし、アドバイスももらえると考えてみたのです。
ソーシャルメディアを通じて知り合った著者の言葉を信じて
私は本に書いてあることを行動に移してみたのです。
松村太郎氏やいしたにまさき氏、コグレマサト氏の
情報発信の方法やEvernoteの活用法を真似して
自分の生産性を上げる努力を始めてみたのです。
これを繰り返しているうちに、書くことが好きになったのです。

同時にライフハックや自己啓発の本も試してみました。
本田直之氏のレバレッジシリーズやアンソニー・ロビンズ
ブライアン・トレーシーの本を読んで、自分の思考と行動も変えてみました。
習慣化や幸せになるための方法をこれらの本で学んだのです。

本に書かれていることをメモし、やると決めたことを
継続しているうちに、次々に面白い結果が出始めました。
書かれている内容がわからなければ、著者に質問を繰り返しました。
クチコミの技術マキコミの技術に書かれていることを理解できなければ
いしたに氏やコグレ氏に何度も質問し、教えを請いました。
松村さんには一冊目の本の共著者になってもらうなど
文章やブログの書き方を手取り足取り教えてもらいもしました。

あの時、彼らの言うことを信じて行動したからこそ、今の自分があるのです。
自分のやりたいことが見つかると、多少のことは我慢できます。
忙しかったり、多少の睡眠不足でも好きなことなら続けられます。

私は書くための時間を作るようになり、生活が以前のものとは一変しました。
書く先輩をモデリングすることで、私は書く時間をどんどん増やせました。
iPhoneや、ソーシャルメディアの記事を書くことに私は時間を費やし
おじさんの生産性を高める専門家になることにしたのです。
その結果、書籍の出版や連載ができるようになり
自分のパーソナルブランドを確立できました。
現状を大きく変え、自分の新しい価値をつくれたのも
「やりたいこと」を見つけて、それを最大化したおかげなのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Furnace on the horizon via photopin (license)

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化書評生産性向上名言その他ブログアイデアライフハック時間術読書術
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント