• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「マインド(mind)がフル(full)になる」とは、いまこの瞬間に意識が集中することで、余計なことを考えなくなり、心が穏やかに満たされていくプロセスです。神社の参拝でも同じようなことが可能になります。神社は自然が豊かで、ただいるだけで心が落ち着きますから、瞑想にはうってつけの環境です。(八木龍平)

スクリーンショット 2016-08-01 15.47.03
八木龍平
氏の成功している人は、なぜ神社に行くのか?
とても面白かったので、今日は本書を紹介します。
私は先祖が宮大工ということもあり、神社にいるとなぜか気持ちが落ち着きます。
今の家に引っ越し、地元の氏神さまにお参りするようになって
もう十年以上の時間が経過しており、神社が私にとっての日常になっています。

最近では首都圏だけでなく、日本全国の神社にお参りするようにしています。
旅行中や出張の際に、有名神社をお参りするだけでなく
移動中に鳥居を見つけると、ついつい立ち寄ってしまうほど、神社に引き寄せられています。
神社という神聖な場所に日々お参りすることで
私は自分との対話の時間を持てるようになりました。
神社にお参りし、神様に感謝することで、私は自分の心をいつも心地良くしています。
私にとって、神社にお参りすることは、感謝することと同義で
この時間が私に幸せを運んできてくれています。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

成功している人は、なぜ神社に行くのか? [ 八木龍平 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/8/1時点)

本書では、神社のパワーの秘密が、統計学者の八木氏の視点で書かれています。
スピリチャルな要素だけでなく、統計学の視点、神話からの引用や武将と神社の歴史などから
神社のご利益が語られているので、私はとても楽しめました。
本書の内容には賛否両論はあると思いますが、私は肯定派です。
祈ることで神社からパワーをもらえ、成功できると私は信じていますし
実際、この10年で私の運は良くなっています。

最近では、著者の八木氏同様に、神社で「風」を感じることも多くなり
自分のパワーが上がっていることを実感しています。
祈りとは、意(い)宣(の)りであり、貢献につながるという八木氏の言葉にも共感を覚えました。
鳥居をくぐり神様と向かい合うことで、私はエネルギーをもらえるようになったのです。

ある意味、私は神社でマインドフルネスな時間を過ごしているのかもしれません。
近所の氏神様の境内を深呼吸をしながら歩くことで、私は気持ちをリラックスさせています。
八木氏も歩きながら、シンプルな瞑想法ができると以下のように書いています。

1、息を吸うとき、「全身から自然のよい気が流れ込んできて、丹田を中心に身体全体に自然の気がみたされる」とイメージします。2、息を吐くとき、「体内の気が、全身の皮ふを通して外に広がっていく」とイメージします。全身から気を取り込み、そして全身から気を外に放ちます。この呼吸法を続けると、あたかも全身の皮ふで呼吸しているかのような感覚になります。神社のような「気」 のよい場所で行なうと、とくに気持ちがよい方法です。 神社は、手を洗ったり、玉砂利の上を歩いたりと、祓い清める仕組みが自然とあります。そこに、こうした瞑想法を使うことで、祓い清める効果はさらに倍増するでしょう。

また、「六根清浄」という祝詞によってもマインドフルになれるそうです。
歩きながら、シンプルに「ろっこんしょうじょう ろっこんしょうじょう」と唱えつづけると
フロー状態になれ、時間の流れを忘れ、幸福感を味わえるようになります。
ちなみに六根とは、眼、耳、鼻、舌、身 、意(こころ=顕在意識)なのですが
この六根が清浄ならば 「願いごとはすべてかなう 」という素晴らしい祝詞なのです。

私は神社で過ごす時間を増やすことで、間違いなく幸せになれました。
今回、本書を読むことで、神社のパワーとその理由を確認できました。 
また、本書で紹介されている横須賀の走水神社や蒲郡の竹島神社など
まだお参りできてない神様にご挨拶したくなりました。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
      
     

 

photo credit: 伏見稻荷 京都 Kyoto, Japan / Kodak ColorPlus / Nikon FM2 via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る