• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

脳細胞は、100回褒められた時の喜びよりも、1回非難された時の悲しみを刻み込むと言われています。こうしたネガティブな感情が強固な思考のパターンを作り出し、成功のための行動を起こすのを阻害してしまうのです。逆に成功へと導くための感情は、愛情や感謝といったポジティブな感情です。脳の環境を整えて、ワクワクを実現する近道を作ってくれます。(川崎康彦)

スクリーンショット 2016-08-16 12.48.08
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
川崎康彦氏ハーバードで学んだ脳を鍛える53の方法書評ブログを続けます。
人の脳は非難されると行動できなくなります。
逆に、愛情や感情というポジティブな感情が脳の環境を整え
私たちにワクワク感をもたらし、行動を後押ししてくれます。

こう考えると私たちの脳は感情にコントロールされていることがわかります。
そして、大脳辺縁系の中にある扁桃体という部位が、私たちの感情を司っているのです。

人には、細やかな感情がありますが、ほとんどが大脳辺縁系の中にある扁桃体が司っています。怒りや不安、イライラといった感情にとらわれている時は 、扁桃体のある大脳辺縁系が過剰に働いているのです。

どうすれば、私たちは感情をコントロールできるようになるのでしょうか?
怒りや不安をコントロールできれば、私たちは気持ちの良い時間を過ごせるようになります。
アクティブに行動できれば、結果も残せますから、上手に感情をコントロールしたいですね。

川崎氏はそのために、自分の状態を実況中継するとよいといいます。
感情が乱れていると感じる際に、自分に対して以下の質問をしてみるのです。
「今の心境はどうですか?」「それは本当ですか?」などと問いかけ
それに対して実況中継風に答えてみるのです。
これを習慣化すると、感情が揺さぶられるような事態が起きた時でも
冷静に対処できるようになります。
客観的に自分を分析することで、脳のブローカ野の部分を積極的に使うことで
扁桃体を平静に戻すのです。

人は自分のことはわかっているようで、実はよくわかっていません。
自分の感情をコントロールできない時に少しだけ意識を変えて
自分実況中継に取り組むと、自分の真の姿に出会えるようになります。

また、イライラした時には深呼吸が効果的です。
大きく鼻から息を吸って、呼吸を整えると気持ちをリラックスできます。
私は朝晩の瞑想を習慣化することで、怒る回数を減らせるようになりました。
以前はすぐにイライラしていましたが、瞑想と深呼吸の習慣が私を変えてくれたのです。
自分実況と瞑想で自分の感情をコントロールして、成果を出すようにしましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
川崎康彦氏の関連記事はこちらから
私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

     

    

photo credit: #radio #station #rádio #pop88fm #sanca #saocarlos #interiorsp via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る