大事なのは、自分がその人にとって、常に最初に頭に浮かぶ存在になれ。(岸田雅裕)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-15-53-27
photo credit: Miranda Mylne ppt miranda melanie lola layla rosalynn rosie mylne 2016-09-09 via photopin (license)

ビジネスマンであれば、こうありたいものです。
相談される時に、一番最初に頭に思い浮かべてもらえたら、ビジネスは成功したも同然です。
そういう理想のビジネスマンになるために、読んでおきたい一冊を今日はご紹介します。

岸田雅裕氏のコンサルティングの極意: 論理や分析を超える「10の力」がそれなのですが
本書を読むことで、優秀なコンサルタントが、普段何をしているかがわかります。
この10の力をモデリングすることで、私たちは優秀なビジネスマンに変身できるはずです。

特に「聞く力」を養うことで、クライアンととの関係を強化でいます。

下準備をすることが大事なのは、コンサルタントだけでなく、ほかの業種にも言えることです。初対面の相手と会うとき、調べればわかることを改めて聞くのは時間のムダです。これだけインターネットが発達しているのだから、その会社がどんな新製品を出しているかとか、相手が何年生まれで何歳だとか、どこの部署を経験したかというようなことは、ちょっと検索すればわかることです。「下調べをしておくと相手は悪い気がしない」というよろむり、むしろ「会う前に下調べしておくのが礼儀」だというときもあるでしょう。ここまで準備するのも「聞く力」の一部なのだと思います。

初対面の相手、それも重要な相手に当たり前の質問をすることは時間の無駄です。
インターネットの検索結果をただ読むのではなく
質問リストを作りながら、相手の人生をイメージすると
よい質問ができるようになると著者の岸田氏は言います。
クライアントと仲良くなりたければ、相手に興味を持つことが肝心です。
相手に好意を持たなければ、こちらを好きになってもらえません。

やはり人間は、自分に対して本当に興味を持って、敬意を抱いているとわかる相手に対しては好意を持ち、その相手の質問には、ちゃんと答えてくれるものです。

初対面の相手の情報を事前にしっかりと調べ、興味を持つことが
豊かな人脈を築く第一歩になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンサルティングの極意 [ 岸田雅裕 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/11/22時点)

事前にこちらが知識を得ることで、先入観が邪魔をすることもあるかもしれませんが、そうならないよう、できるだけ相手の話を虚心坦懐に聞けばいい。思い込みが違っていたらそこを修正しながら聞くことです。

下準備をしたからといって、相手のことがすべてわかるわけではありません。
ネットや記事の情報はあくまで補足情報だと思って、相手の話を真摯に聞きましょう。
メディアやネットの情報を鵜呑みにするのは、とても危険なことです。
他人の噂を信じて、その人の素晴らしさを見つけられなかったら、面談の意味がありません。
ネットや新聞の記事を読んだら、自分の頭で一回相手について考えて
面談のストーリーをイメージするとよいでしょう。
先入観を極力排除して、相手の話を楽しむようにするのです。
これで、相手の課題や本心を聞き出せるようになります。
下準備を重ね、目の前の相手に集中することで、人間関係をより良くできます。

優秀なコンサルタントとは、相手の話をしっかりと聞ける人なのです。
コンサルタントのビジネスは相談されなければ、スタートしません。
相手の課題を聞き出さなければ、クライアントが喜ぶ解決策を提示できないのです。
そのために、私たちは聞く力を養わなければなりません。

この聞く力以外に、コンサルタントに求められる10の力が本書では紹介されています。
聞く力:相談されることから仕事は始まる
先見力:常にクライアントの利益を第一に考える
献身力:正しい方向にクライアントを導けるか
突破力:自分の限界を超えるまで考えて考え抜く
巻き込み力:志とコミュニケーションで人を動かす
共創力:共にプロジェクトを創っていく
好奇心:常に新しいことを学び続ける
歴史観:歴史ぬきにブランドは語れない
忘れる力:ストレスは上手にコントロールする
恋愛力:個人と個人で惹かれ合う関係を築けるか

今日はその中から「聞く力」を紹介しましたが
とてもよい本だったので、今後も記事に書きたいと思います。
クライアントから信頼されたい人に、是非よんでいただきたい一冊です。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る