寝る前の子供にiPhoneを触らせてはいけない3つの理由。

習慣化

テクノロジーも若者の睡眠不足に拍車をかけている。ベッドにiPhoneを持ち込んで夜通し通信する彼らは、輝かしいデジタル世界の主役だ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-12-00-54
photo credit: Denis Hébert Dufresne et place Dufresne 2 via photopin (license)

アリアナ・ハフィントンスリープ・レボリューション書評ブログを続けます。
最近は、大人だけでなく、子供の睡眠不足も加速しています。
特に、ソーシャルメディアやiPhoneの普及が、子供達の睡眠不足に拍車をかけています。
私たち人間は日の出とともに目を覚まし、日が沈むと寝る生活を続けてきましたが
デバイスの発達によって、この生活が脅かされ、健康にも影響を及ぼしています。
iPhoneを寝りに落ちるまで使い、仲間とのコミュニケーションをとることで
子供たちは睡眠時間をどんどん短くしているのです。

テレビ、ゲーム、スマートフォン、タブレットはどれも、子どもの睡眠を妨げている。完全な睡眠不足を招いているケースもある。(ラケシュ・バタチャルジー)

こうした機器のブルーライトは、眠りに悪影響を与えます。
強いブルーライトが網膜を刺激すると脳は今は夜ではないと考え、睡眠を妨害します。
スマホやゲームに夢中になると、当然、眠る時刻も遅くなります。
スマホを触っていないと不安になるというスマホ依存症の子供は
夜遅くまで、意味もなくスマホを触り続けます。
この結果、睡眠時間がますます短くなり、脳や身体に悪影響を及ぼすのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スリープ・レボリューション [ アリアナ・ハフィントン ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2016/12/25時点)

特に子供はこのブルーライトの影響を受けやすく、睡眠不足によって健康を害しています。
それ以外にも、子供たちは多くの代償を払っています。
睡眠不足によって、勉強の成績も下がってしまうのです。
必死に睡眠を削って勉強しても、これでは全く意味がありません。
スウェーデンのウプサラ大学の研究によれば
睡眠時間が7時間未満の生徒は落第のリスクが高まるというのです。

シドニー大学とニューヨークのマウントサイナイ医科大学が
2014年に行った研究では、ティーンエイジャーと若年成人において
短時間睡眠はストレスや不安の強さと直接的な関係があり
睡眠が1時間短くなるごとに心理的困難を抱えるリスクが14%も増加していたとのことです。

勉強のストレスも睡眠不足の原因になっています。
英国の睡眠評議会による2015年の調査結果によると
なんとティーンエイジャーの83%が、試験への不安やストレスで
睡眠が妨げられていると答えています。

このように若年層が睡眠不足に陥ると
健康を害する、成績が下がる、ストレスを感じるなど3つの大きなデメリットがあります。
7時間の睡眠を確保しなければ、大切な子供に悪影響を及ぼすことがわかってきたのですから
子供達にしっかりと睡眠をとることを教えなければなりません。
早めに子供を寝かせるだけでなく、就寝時にiPhoneの使用を控えさせることが
私たち親の新たなつとめになっているのです。
子供のスマホに無関心でいると、親が後で痛い目にあうのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
スリープ・レボリューションの関連記事はこちらから

    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント