私がEvernoteを手放せない理由

Apple

「Evernote」は手放せません。メモを取ったり、線を引いたり、引用句を集めたりするのが好きなので、読んだ記事の中から、毎日10~100件ほどの「ノート」を保存しています。どれも細かくタグ付けして整理しているので、あとで記事やトーク内容を検索したり引用したりすることができます。(マリア・ポポーワ)

スクリーンショット 2016-07-25 5.36.52
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
私も日々Evernoteにいろいろな記事をクリップしています。
このブログやセミナー、プレゼンなどに使えるネタを見つけたら
どんどんEvernoteに保存しています。
Evernoteは検索が優れているので、後でネタを見つけられやすいので
ともかく面白い情報に接したら、取り込むようにしています。

ニュースをクリップするだけでなく、Evernoteでは多くのリストも作成しています。
私が特に意識しているのが次の3つのリストです。
1、前日の振り返り
成功体験にフォーカスすることで、自分に自信を持てるようになります。
毎朝必ず前日の振り返りを行い、成功体験をメモします。
どんなに小さな体験でも構いません。
小さな成功体験にフォーカスすることで
脳が成功を当たり前のことと捉え、次の成功を引き寄せてくれるのです。
(逆に、ネガティブなことには意識を向けすぎないようにします。)

日ごろから、大きな成功も小さな成功もすべて含めて、自分の「成功手帳」に記入する習慣をつけましょう。(ジャック・キャンフィールド&ケント・ヒーリー)

2、タスクの優先順位
朝起きたら、すぐに今日のカレンダーを見ながら
自分のタスクの優先順位を決めるようにしています。
今日のタスクをリストを書き出すことで、行動の漏れがなくなります。
重要なリストを忘れないことで、生産性をアップできます。

3、自分の夢リスト
短期・長期の自分の夢を書くことで、自分の夢に意識を向けられます。
意識を向ければ向けるほど、それを実現できる可能性が高まります。
これを習慣にすることで、自分の夢を実現するための情報が集まったり
サポートしてくれる人に出会えるようになります。
夢リストを毎朝書くようにすることで、実現スピードがアップするのです。

この3つのリストをEvernoteに書くようにしてから
頭の中を整理できるようになり、すっきりした気持ちで過ごせるようになりました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Evernote仕事術【電子書籍】[ 佐々木正悟 ]
価格:1296円 (2016/7/24時点)

佐々木正悟氏のEvernote仕事術に書かれている言葉が、私の気持ちを代弁しています。

自分の理想のノートをきちんと整理して記録することが、Evernoteなら簡単にできるからです。

ノートというと紙派の方もいっらしゃいますが、私はなるべく荷物を減らしたいので
MacやiPhoneで管理できた方が嬉しいのです。
また、手書きのメモも写真で保存できますから
勉強会などのホワイトボードなどもEvernoteに取り込んでいます。
いつでもどこでも私はブログを書きたいので、ネタ帳はEvernoteにした方が便利なのです。
ブログ用の理想のノート(ネタ帳)作成のためには、Evernoteが欠かせません。

文字列検索ができるので、紙のノートから情報を探すよりは間違いなく簡単です。また、日付をわざわざ入れなくても自動で記入されます。スマートフォンを身に付けていれば、ノートを持ち歩かなくても記録はできます。ノートをとる習慣を改めて付ける 、という必要がないのです。(佐々木正悟)

もはや、私の日常ではEvernoteなしの生活は考えられません。
iPhoneで最も活用頻度の高いアプリがEvernoteになっています。
タスクリストやアイデアストッカー以外にもEvernoteには多くの活用法があります。
本書にはEvernoteのスペシャリストの使い方が紹介されていて勉強になります。
ぜひ活用を考えている方は、参考にしてください。

ドコモさんのセミナーでEvernoteについてもお話しします。

ソーシャルメディア活用で売上アップを図るセミナーでお話しします。

ドコモさんの営業力強化セミナーの次回開催予定
■7月28日(木曜) 午後3時~午後5時(午後2時30分 受付開始)
センシティタワー16階セミナリオ(NTTドコモ千葉支店内)
■8月3日(木曜) 午後2時30分~午後4時30分(午後2時 受付開始)
立川商工会議所

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

      

    

photo credit: 2012-315 Evernote via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント