人生の質を決める3大要素とは何か?

習慣化

素晴らしい人生は、必ずバランスがとれている。人間関係の維持と向上に十分な時間がとれていると、仕事でより多くの喜び、満足、充足感が得られ、成功が近づいてくる。(ブライアン・トレーシー)


photo credit: Manolo Barragan Orozco Retrato via photopin (license)

仕事ばかりに偏った人生を送らない

仕事に集中することは、とても大事なことですが
それだけでは、人生は退屈で寂しいものになります。
ブライアン・トレーシーは素晴らしい人生を送る人は
バランスがよいと指摘しています。
ただ、忙し区働いているだけでは
ワクワク感がなくなり、仕事が長続きしません。
心や体が疲れて、消耗すると当たり前ですが人は動けなくなります。

朝から晩まで、一日中働き続けるのは無理な相談ですし
脳が集中できる時間も限度がありますから
時間を上手にコントロールすべきです。

時間を効率よく使うスキルを習得し実践するいちばんの目的とは、人生を充実させ、人生全体の質を高めることにある。喜びや幸せを実感する時間を増やさなければ意味がない。

自分が幸せにならない働き方をするのは間違いで
一日を終えた時に、今日も楽しかったと思える人生を送るべきです。
そのためには仕事以外の時間も充実していなければなりません。
仕事以外の時間がなかったり、くたびれていては
楽しい時間を過ごせませんから、働きすぎには注意しましょう。

よい仕事をするためには、アイデアづくりが欠かせません。
そのためには、自分の体験を増やす必要があります。
仕事脳だけでなく、遊び脳を鍛えらたり
自分とは違う視点を持った人と付き合い、人間の幅を広げましょう。
違う世代や異性、外国人の仲間を持つと
知識が広がるだけでなく、知らない場所に出かけるようになります。
いつもとは異なる体験をすることで脳が刺激を受け
新しアイデアが浮かびやすくなります。

仕事が他者への貢献だとすると
自分の器を大きくするための努力が求められますから
読書や人脈の幅を広くすべきです。

人は、自分の持っているものしか他人に与えることは。出来ません。自分が不幸なのに他人を幸せにすることなど出来はしないのです。

自分の持ち物(知識や体験)を増やすために
読書や勉強会、新たな友人との会話を楽しみましょう。

 

人生の質を決める3大要素

ブライアン・トレーシーは人生の質を決める3大要素を紹介しています。
1、「内面」の充実
内面を成長させるために、自分への投資をすべきです。
読書や日記を書くことで自分との対話の時間を持てます。
自分のことを知り、好きになることで自分の強みに気づけます。
自分の価値がわかると他者へ貢献できるようになります。
周りをサポートすることで、感謝の言葉がもらえるようになり
私たちは幸せな気持ちになれるのです。

2、健康
身体を大切にしないと人生の後半戦を楽しめなくなります。
仕事を引退した後も人生をエンジョイしたければ
心と体の健康に気を使うべきです。
いくら成功しても早死にしては意味がありません。
若い時に体を壊すと旅行やスポーツができなくなります。
そのためには健康的な食事をとり、定期的な運動を心がけましょう。
睡眠時間をしっかりと確保し、無理をせず、休むことを習慣にしましょう。

3、人間関係

人生に何よりも大きな影響を与えるのは、あなたが大事に思う人とあなたを大事に思う人だ。仕事にかまけて、配偶者や子ども、親しい友人など大切な人たちとの関係をおろそかにしてはいけない。

周りの人の時間を作り、彼らとの交流を楽しみましょう。
家族や友人と食事に行ったり、旅行に行くことで英気を養えます。
仕事から離れて、仲の良い人との楽しい会話にょって、人は笑顔になれます。
笑うことで私たちは幸せになれますから
気のおけない仲間との時間を意識すべきです。

まとめ

仕事ばかりしていたのでは、幸せな人生を送れません。
「内面」の充実、健康、良好な人間関係の3つが揃うことで
私たちは幸せになれるのです。
心と体のバランスを取るために
仕事以外の時間をあらかじめ確保して、幸せな人生をデザインしましょう。

参考図書 ライアン・トレーシーが教える 最強の時間

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
ブライアン・トレーシーの関連記事はこちらから

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント