「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」にインスパイされたセミナーのご紹介。

ブログ

1月17日(火)の夜にあの今話題のグレイトフル・デッドセミナーに参加します。

私は中学時代にデッドを少し聴きましたが、専門家ではありません。
30年以上の年月が経った今
書籍グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶのおかげで
久しぶりに彼らとの対話を始めています。

そんな中、おじさん世代のソーシャルメディア代表ということで
光栄にも、友人の藤木さんからお声掛け頂きました。
当日のイベントはグレイトフル・デッドの専門家、日本の第一人者である増渕英紀さんと
ロックの生き字引とも言える渡邉ケンTBU!代表)さんとご一緒させていただきます。
(増渕さんの文章は学生のときに相当読ませていただいたので、
お会いできるのがとても楽しみです。)

普段、私はどちらかと言うとブラックミュージック専門でロック畑ではないのですが
お二人とご一緒できるチャンスはなかなかないと思い、お話しさせていただきます。
またグレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶにも書かれているいることですが
「社会に恩返ししよう」という彼らのメッセージに
反応したことも参加のきっかけになっています。
今回のセミナーに集まっていただけるであろう
グレイトフル・デッド世代のミドルの方々に
デッドにあやかり「気前よく」私の知識や経験をご披露したいと思います。
「グレイトフル・デッドはとても気前がよく、
そうしたブランドイメージが彼らの成長と成功を助けた」(P242から引用)
本当に書籍に書かれているこの「GIVEの精神」は見習いたいと思います。

当然、私も今回のセミナーで勉強させていただきたいので、
ソーシャルメディアで話題になっているフリーやシェアのコンセプト
数十年前から提示、実施してきたグレイトフル・デッド!の実際の活動を
増淵さん、渡邉さん両名からしっかり伺いたいと思います。
特にグレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶでも紹介されているライブでの
オーディエンスの移動ビジネスなどの話など質問したいと思います。

相当、自分のこれからのコミュニケーション・デザインのビジネスにも
インスパイアを受けられそうなセミナーですうので、17日の夜がとても楽しみです。
セミナー詳細は下記をクリックください。

『デッドに学ぶデッドエンドからの脱出方法』
~「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」を読んで~


Loading Facebook Comments ...

コメント