何もしないのは最大の過ちだと言うベンジャミン・フランクリンの言葉をアファメーションにする。#習慣化

ブログ

「いろいろなことをする人は多くの過ちを犯すだろう。
しかし彼は、何もしなかったという最大の過ちだけはおかさないはずだ」
 (ベンジャミン・フランクリン)

100$紙幣で有名なベンジャミン・フランクリンですが
彼の名言の数々がこの年になって、とても心に響きます。
至極当たり前のことを彼は言っていますが
その当たり前のことを私を含めた多くの現代人は実践できていないはずです。

いつも思うのですが、言い訳と先延ばし癖を直すことで
時間が充実し、人生は一気に変わるはずです。
フランクリンは言い訳の害を次のように表現しています。
「言い訳が得意な者が、 他の事が得意であることは 滅多にない。」
言い訳を排除しない限り、口先人間になってしまい
なんの取り柄もない人になってしまうのです。
言い訳を考える暇があったら、どんどん行動を起こしたほうがよいのです。

「明日やらなければならないことは、 今日の内にやってしまうこと。
これが人生の秘訣である。」
先延ばしをやめて、行動すれば、早く成果を得られます
真っ先にアクションを起こせば、どんどん実績が残せるのです。

そのためには、まずは、今に集中することです。
今朝もこの言葉を読むことで、先延ばしをやめ
書くことにに集中することで、ブログを更新できました。

50歳を過ぎて以降、時間が有限資産であることを実感しています。
時間を浪費することは自分の人生をダメにしていることと同義なのです。
「もしあなたが 自分の人生を大切に思うならば、 時間を浪費しないことだ。 
なぜなら、 人生は時間で出来ているからだ。」
大切な人生は時間で出来ているわけですから、行動しないと意味がないのです。

時間の重要性をベンジャミン・フランクリンはいつも私に教えてくれます。
『今日できることを 明日に延ばしてはいけない。
「いつか」という言葉を使っていては、 失敗してまう。
 成功したいのなら、「今」という言葉を 使わなければいけない。』 
怠けそうになったら、私は必ずベンジャミン・フランクリンの言葉を
思い出すようにしています。
彼の時間管理に勝るものはなく、このタイムマネージメントを意識すれば
残りの人生を今まで以上にエンジョイできるはずです。

今日も読んでいただき、ありがとうございます!

言い訳の関連記事
   
Photo Credit

Loading Facebook Comments ...

コメント