不本意な現実を変えていくたったひとつの方法

習慣化

不本意な現実を変えていくたったひとつの方法があります。
それは、自分の現実をどう見るかを決めることなのです。
目の前の現実をポジティブにとらえるのも
ネガティブにとらえるのも、結局はあなたの意識次第なのです。
あなたの選択によって人生の質が変わるという事実を、まずは認識してください。

スクリーンショット 2015-04-29 10.30.12
思ったことがやがては現実になるのです。
恐ろしいことに、潜在意識はあなたが思ったネガティブなことも願望と捉え
それを叶えようと全力を尽くすとグッド・ヴィジョン佐藤富雄著)の中で書いています。
ネガティブな思考は、ネガティブな現実を引き寄せるのです。
この法則を知ってから、私はネガティブ思考を捨てたのです。

インプットされた情報が、その人にとってプラスなものであろうと、マイナスなものであろうと、自律神経系はすべてあなたの「願望」と受け取り、忠実に現実化してしまいます。あなたが「思いどおりにならない」と思えば、そういったプログラムができているわけですから、「思いどおりにならない」という現実が、そっくり目の前に差し出されるのです。

まずは、人生を思い通りにすることを覚えましょう。
私も思考を変えることで、泥沼から脱出しました。
多くの潜在意識の書籍を何度も読むことで
私は自分の思考を変えることに成功したのです。

もし、不本意な現実があるのならば、今すぐ意識を変えることをおすすめします。

不本意な現実を変えていく方法は1つ。それは、自分の意識内容を変える、すなわち自己像を変えることです。今の状態がどうであれ、自分に対するイメージを前向きで心地よいものに変換できれば、現実はあとからついてきます。否定的な気持ちになったら、「でも絶対にうまくいく」「これからかならずよくなる」と、肯定的な言葉で打ち消すことを心がけください。(佐藤富雄

恥ずかしがらずに、自分を認めることを取り入れてください。
現実は必ず後からついていきますから、まずは自分をプラスに評価してみるのです。
徹底的にポジティブ思考を意識して、ネガティブなイメージを排除するのです。
ネガティブなことが頭に浮かんでも、すぐに否定して
「絶対に自分はうまくいく!」と考えてみましょう。

現実をつくっているのは、あなたのものの見方です。悲観的な状況というのは、正確に言うと「あなたがいまの状況を悲観的に見ている」ということです。いま持っている意識は自律神経系に影響し、現実化へと向かわせます。ですから、いまの状況を違うものにしたいなら、まず悲観的な見方をやめることが何よりも大切です。

見方を変えることで、世の中の現実はあっという間に変わります。
自分の世界を打ち破ることで、見えている世界はすぐに変わります。
古い自分の常識や殻はすぐに捨て去りましょう。

もし何かを失敗をしたら、「これは未来の成功へのステップなんだ」と言いましょう。5回、10回と繰り返すうちに、「もしかしたらそうなのでは……」「たぶんそうなんだろう」と意識が変わり、やがて「きっとそうなんだ」「たしかにこれは成功のステップだ」という確信に変わっていきます。自分の言葉に確信がもてたとき、あなたの意識は完全に変わっています。

自分の口癖を変えると本当にハッピーになれます。
私はいつも「ありがとう」「ラッキー」「ハッピー」という言葉をつぶやいています。
電車に中でも、歩いている時でも、こういった言葉を頭の中でリフレインさせています。
こうするだけで頭の中の嫌な感情や思考を追い出せるようになり
自然とハッピーな気持ちになれるのです。

今日からは失敗した時に「これは未来の成功へのステップなんだ!」というセリフを
使うことを決めました。
良い言葉、元気が出る言葉を使うようになると
思考をポジティブに変えることができ、不本意な自分にさよならを言えるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
    

photo credit: The prince vs the huntsman via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント