アメリカの心のこのメッセージは絶対読みたい!「大切なのは何時ではなく何」

習慣化

先日このブログで書いた書籍アメリカの心から
私の大好きなメッセージを以下紹介します。
月曜日の朝にこれを読むと、やる気がチャージできます。
今朝も何回か繰り返し、自宅で読み、自分の力を鼓舞してきました。
スクリーンショット 2015-05-25 9.25.01

「大切なのは何時ではなく何」
アメリカの心―全米を動かした75のメッセージより

テッド・ウィリアムスは
42歳で生涯最後の公式打席に立ち、ホームランをかっとばした。
ミッキー・マントルは
20歳の大リーグでの最初のその年に23本のホームランを打った。
ゴルダ・メイヤーがイスラエルの首相になったのは
71歳の時。
ウィリアム・ピット2世が英国の首相になったのは、
71歳の時。 ジョージ・バーナード・ショーは
94歳の時はじめて自分の芝居が上演された。
モーツアルトのシンフォニーが初めて出版された時、
かれはたったの
7つ。
ところでこんなのはどうだ?
ベンジャミン・フランクリンは
16歳で新聞の社説を書き、
81歳でアメリカ合衆国の憲法の草案を起こした。
才能さえあれば若すぎるとか 年をとり過ぎているとかってことはない。
認めようじゃないか、年齢は能力にほとんど関係がないって事実を。

年齢は能力にほとんど関係がないという事実を認められれば
私たちは臆することがなくなります。
始めるのに遅いということはないのです。
能力を高めて、チャレンジを続ければ
可能性の扉を開けることも可能です。
もう年だからと年齢という言い訳をしていたら
天国のバーナード・ショー笑われてしまいそうです。

人間を賢くし人間を偉大にするものは、過去の経験ではなく、未来に対する期待である。なぜならば、期待をもつ人間は、何歳になっても勉強するからである。(バーナード・ショー)

年齢を重ねると過去の体験に頼りがちですが
これでは、過去を生きることになります。
未来に対する期待を持ち、いつも、自分がやりたいことをやり続け
それを積極的にアウトプットしないと、過去に埋もれてしまいます。
これでは、新たなチャンスは訪れてこないのです。
自分のやりたいことを意識し、今すぐアクションを起こさないと
未来の自分がきっと後悔するはずです。

今朝、このメッセージを読みながら、
今週のスケジュールの空き時間をチェックし
隙間時間や朝晩の時間を「自分時間」としてブロックしました。
やりたいことをやる時間をどんどん確保して
前に進める時間を作らないと
多分来週の月曜も同じことを考えていることでしょう。

現代人はタスクが多すぎるので、自分のやりたいことをやるためには
自分しかできないことと、自分のやりたいことを優先すべきだと
改めて思った次第です。

ドラッカーは「難しいのは優先順位ではなく劣後順位の決定だ」と言っています。
自分でやらなくてもよいことと、今はやるべきではないことを洗い出し
今週のスケジュールを再度見直したいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
  

 

photo credit: two girls one bike \ danor via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント