ジェイ・エイブラハムに学ぶ、トラブルを目の前にした時の解決法

習慣化

人生は、いつも良いことが起こるわけではありません。
時には失敗が続き、大きなトラブルを抱え込むこともあります。
多くの人は、トラブルを目の前にすると
落ち込んで行動を起こせなくなりますが
そういった時には、ジェイ・エイブラハム
限界はあなたの頭の中にしかないを読みましょう!
彼の思考を学ぶことで、解決策がすぐにわかるようになります。
スクリーンショット 2015-05-31 17.59.07

大きな成功で有頂天になったジェイ・エイブラハム
大きなトラブルに巻き込まれ、一文無しになりますが、挫けませんでした。
その時に彼は以下のように考えたのです。

サバイバルのためには、とにかくやるしかないということです。ほとんどの人は、好ましくないことが起きると愚痴をこぼし、自分の運命を嘆き、他人に頼ろうとします。しかし、私はあのどん底の人生のときも、ただ前進し続けようとしたのです。どんな失敗や危機、ネガティブな事態に陥ろうとも、そこで立ち止まらないことです。経験をバネにして、それをプロペラとして前進し続けることです。そして、必ず、自分へ質問を投げかけることです。自分を振り返り、過去の失敗から何を学んだか、その原因を追求し、受け入れることです。それによって将来をもっとより良いものにコントロールでき、進展していくことができるのです。(ジェイ・エイブラハム)

失敗した時に、ただ悩んでいても仕方がありません。
愚痴を言っても何も解決しませんから
行動するために、自分にポジティブな質問をしてみましょう。
過去の失敗をバネに、自分を成長させる方法を探すのです。
何もしなければ、そこから抜け出せませんから
とにかく、自分に質問をし、行動を起こしてみるのです。

人生には保証がありません。明日の仕事がどうなるかすら保証はありません。哀しいことに健康にも保証はありません。実際、本当は明日の人生がどうなるかも保証されてはいないのです。唯一保証されているのは、あなたの行動によって得たこと、楽しんだこと、学んだこと、そのものなのです。人との交友や会話から得たもの、誰かに教えたこと、誰かから教わったこと。つまりは誰もが皆先生でもあり、同時に生徒でもあるのです。そして、同時に経験を誰かと共有することもできます。このような、そのたびごとに起きている過程こそが大切なのです。

自分の経験を最大化することが、未来を生き抜くための最善の方法なのです。
誰かと一緒にプロジェクトを動かせば、お互いが教師になれます。
できるだけいろいろな人と付き合えば、知識や体験を共有できるのです。
自分の世界に閉じこまらずに、多くの人に会いに行くことを意識しましょう。
他者の知識と体験から学ぶことで、私たちは問題を解決できるようになるのです。

安定感や幸福感というものは、自信、信頼、尊敬、確信からくるのであり、人の持つ力はひとときもとどまることなく、永遠に成長し続け、貢献していくものだと理解できた人のものだといえるのかもしれません。なぜなら、どんな人にもどんなときにも、不幸や失敗は起きるからです。あたかも成功すれば幸せになれるように思われがちですが、そんなことは決してありません。人生は何も変わりません。金銭や名誉では、幸せにはなれません。安定もしません。人生は問題の連続です。

「成功したからといって、幸せになれるわけではない」という
ジェイの体験談から、私たちは多くのことを学べます。
人生では、絶えず問題が起こるようになっていますが
良い仲間がいれば、彼らが解決策を運んできてくれるのです。
幸福になるためには、人との素晴らしい交流が不可欠で
そのためには、自分も相手に貢献しなければいけないのです。
自分の価値を人に提供し、貢献することではじめて、私たちは幸せになれるのです。

重要なことは、あなたには人に価値を与える力があるという事実を理解することです。自分をそういう存在であると信じなければ、自分に正直でなければ、あなたに価値というものを発生させることはできません。あなたは目の前の逆境から何を学び、どう成長すると決めるか。それが達成でき得る人間で、その学びの経験からより多くの価値を他者に分け与えることができると、強く信じることです。

過去の失敗から学んだこともあなたの価値になります。
また、絶えず自分に質問することで、自分の価値を高められます。
それらを人のために分け与えること
貢献することで、人との交流も楽しくなります。
仲間から「ありがとう!」と言われることで、実は、私たちは幸せになれるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

   

photo credit: Mirror image via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント