私が死ぬまで、絶対にブログをやめない理由。

習慣化

多くの成功者をみてきた感想ですが、彼らもまた、努力が三日坊主に終わりがちな普通の人です。違うのは、そこで「俺はダメだ」と思うのではなく、懲りずに翌日からまた挑戦できること。たとえ挫折を繰り返しても、そのたびに「自分を変える」という決断をし直せる人は、必ず変わっていくものなのです。(池田貴将)

スクリーンショット 2015-12-09 9.09.22

私は死ぬまで、ブログをやめないと決めています。
こんなに楽しいことを見つけたおかげで、私の人生はこの5年で劇的に変わりました。
それも面白いほどに!
だから、絶対にブログをやめないようにしようと思い、毎日更新を続けているのです。

何度か挫折しそうになりまたが、今回だけは自分の情けない人生を変えるために始めたので
絶対に三日坊主で終わらせたくなかったのです。
多くの先輩ブロガーの言葉を信じて、本気でブログで人生を変えようと決めたので
今回だけは、諦めたくなかったのです。

ブログを書くことを決めたのは自分で、だれかの指図で始めたわけではありません。
コンテンツが思い浮かばないと不安を感じたら
インプットが足りないと思うことにして
本を読んだり、街に出かけてネタを探すことを意識したのです。
インプットを増やして書き続けていけば、ネットに自分だけの世界を作れ
多くの人から見つけてもらえるようになります。

もし、やめてしまったら、きっと未来の自分は後悔することでしょう。
あの時にやめなければよかったと苦しむのがいやだったのです。
継続するために、私は多くの先輩ブロガーからアドバイスをもらい
ブログの価値や魅力を教えてもらえました。
自分の世界をつくるために、悩むのをやめ書くことに集中することにしました。
書く時間を増やすことにより、自分らしさを表現できるようになったのです。

それでも挫折しそうになった時には、いしたにまさきさんから
教えてもらった以下の言葉を何度も読み返しました。

ブログを半年書き続ければ、よいことが起こり始めます。書くことをやめないことが大事です。

ネタに困った時には、この言葉を思い出し
やめない努力を続けていたら、いつの間にかブログを習慣化できたのです。

ブログを書くということは、 自分の新しい視点を使って世界を見ることなのです。
つまり今を真剣に受けとめ、世界を切り取る勇気を持つことが前提となります。
新たに見つけたものを表現することで、自分との対話の時間を持てるようになり
これが変化のきっかけになるのです。

新しいことを知ろう、体験しようという好奇心によって
自分の行動をアクティブにできます。 
それを記事に書くことで、いろいろな人に見つけてもらえるようになったり
自分のところに価値ある情報が引き寄せられるようになるのです。
これは記事がストックされればされるほど効果を発揮します。
(Googleの検索結果を味方にできるようになるからです。)

だから、ブログをやめてはいけないのです。
継続することが、新たなチャンスを引き寄せてくれるのですから
極端な話、死ぬまで絶対にやめてはいけないのです。
ブログを書くことが習慣になってから、私の人生は本当に面白くなりました。
その習慣をつくるためには、半年ぐらいの時間が必要ですから
絶対に諦めないようにすることが大事です。

過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。(ニーチェ)

未来を作り出すために、今日ブログを更新することを習慣にしてみましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
   

photo credit: Engelskt tangentbord via photopin (license)

photo credit: FoodBloggerCamp Berlin 2014 #fbcb14 via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント