自分という人間にマーケットからの需要を生み出す方法。出口治明氏の『働く君に伝えたい「お金」の教養: 人生を変える5つの特別講義』の書評

習慣化

日本は2030年までに800万人の労働力が不足すると見込まれています。どの経済学者も、この分析は同じ。800万人という規模は、北欧の一国の人口より多い数字です。それだけ労働力が不足するということは、元気で働く意欲さえあれば、飢え死には絶対にしないということです。(出口治明)

スクリーンショット 2016-02-19 7.16.55
同じ景色を見ていても、視点を変えることで全く違う世界を見ることができます。
出口治明氏は、日本の人口減少社会の暗い面ばかりを見るのではなく
明るい面を見ることで、不安が
消せると教えてくれています。
労働力が不足しても、失業率が改善するなど良い面を見られれば
ポジティブに生きられるようになります。
高齢者になっても元気であれば、食べていけると考えることで、気分は楽になります。

リーマンショック以降、経済に対する見通しは暗いものが多いですが
ものの見方を変えれば、良いアイデアが必ず見つかるはずです。
いたずらにお金に対して不安を感じるのではなく
目の前の世界をポジティブにとらえることで、幸せを感じられるようになるのです。
思考を変えることで、生き方も変えられます。

働く君に伝えたい「お金」の教養: 人生を変える5つの特別講義には
お金の不安を消し去るためのヒントがたくさん紹介されています。
生きる上でお金はとても大事なのですが、お金に支配される人生は悲しすぎます。
稼いだお金をどう使うを考える時に
その一部を自分に投資するという出口氏の考え方には共感します。
若い時からこの意識を持って、学ぶことを習慣化すると
40代、50代になった時にワクワクな人生を送れるようになると思います。

ところで、自分に投資するタイミングは、いつが良いのでしょうか?
出口氏は以下のように書いています。

スキルは、新しい環境に積極的に身を置いて、大変だ、大変だ、と言いながら身につけることのほうがむしろ多いのです。

お金を稼ぐためは、何かしらの高い能力が求められます。
スキルアップのためには、新しい環境に身を置いた時が良いのです。
変わらなければいけないと考えた時こそ、自分に投資するチャンスです。
スキルを上げることで、「自由」という人生の選択肢が手に入ります。
学ぶことに年齢制限はありませんから
変わりたいと思ったら、今すぐ自分のために投資を始めましょう!

稼ぐためには、「自分はこれができる」という得意技を見つけることです。
自分の強みを見つけて、それを徹底的に伸ばせば良いのです。
貯蓄も大事ですが、この強みを伸ばしておけば
稼ぐ力を養えるわけですから、できるだけ早いタイミングで自分に投資すべきです。

自分という人間にマーケットからの需要が生まれ、稼げる一歩を踏み出せるはずです。

本書は若い人に向けて書かれた本ですが、ミドル世代が人生を見つめ直すためにも有効です。
40代、50代になっても自由に生きられるように
自分に投資することを忘れないようにしたいものです。
わかりやすい文章なので、短時間で読めますが
自分の人生をどう生きるか?を考える契機になる一冊です。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
  スクリーンショット 2016-02-14 14.42.41 

photo credit: KIC Dublin via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント