ピーター・ドラッカーの名言とみらいチャレンジ

人間は「自分でなければできない」と錯覚していることが多すぎる。(ピーター・ドラッカー)

スクリーンショット 2016-06-27 6.48.49
ピーター・ドラッカー
は、自分の力を過信するなと書いています。
一人の力だけで、大きなことを成し遂げられるわけがありません。
自分でなければできないという考え方を捨てて、仲間の力を借りるようにしましょう。

私の周りの成功者を見ても、人の力を上手に借りています。
そのためには、今の自分に足りないことを整理する必要があります。
まずは、やりたいことのビジョンを明確にして、未来をイメージしましょう。
そのビジネスは誰に貢献できるのか?
いつまでに成し遂げるか?
それを成功させるためには、誰の力を借りればよいか?を
紙に書き出してみるのです。

 

ネットビジネスで必ずモメる法律問題 [ 中野秀俊 ]
価格:1836円(税込、送料無料) 

ピーター・ドラッカーは以下の名言も残しています。

一人の力で成功することは絶対にない。一人の力が他人の協力を得たとき、初めて事業は成功する。

自分に足りないことが見えてきたら、協力してくれるメンバーを探しましょう。
輝ける未来のビジョンを描いてみせ、周りの人間に説明するのです。
自分の熱意が伝われば、応援してくれる人が現れます。
ビジョンや事業へのフィードバックをもらえたり、投資家の紹介を受けられたりします。

自分一人の力には本当に限りがあります。
ビジネスを始めるとそれを実感します。
難しい課題が次々と生まれ、それを解決するために頭を悩ますことが多くなります。
本来の経営の課題以外にやらねばならないことが押し寄せてくるのです。
それを自分一人で解決しようと思っていたら、時間がなくなりイライラするだけです。

この数年、そんなベンチャー経営者の悩みを解決するお手伝いをしてきましたが
わたしたちはここにビジネスのチャンスがあると考えました。
企業の課題を解決するためのプラットフォームをつくることにしたのです。
ベンチャー企業や、中小中堅企業で、専門家を常時雇うのは効率が悪いと考え
社長の悩みを随時解決する会社みらいチャレンジを設立しました。

IT弁護士の中野秀俊と私でスタートしたプロジェクトで
士業、資金繰り、M&A、人事組織、採用、マーケティング、海外進出などの社長の悩みを
プロフェッショナル集団がワンストップで解決することをコンセプトにしています。
経営者に自分のやりたいことをやってもらうために
私たちが業務のサポートをさせていただきます。
誰に相談してよいかがわからない課題でもご相談いただければ
私たちがアドバイスさせていただきます。
社長の悩みを聞いている中で、実は本質的な課題が
別に存在していることがわかる場合もあります。
お話ししているうちに、効果のある解決策が生まれてきますので
ご興味がある方は、こちらのみらいチャレンジの
お問い合わせフォームにご問い合わせください。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

photo credit: Alexis Garcia via photopin (license)

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化 生産性向上 名言 その他 ブログ みらいチャレンジ アイデア クリエイティビティ マーケティング ライフハック
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました