賢人会議が新たなアイデアを生み出してくれる!

習慣化

もし賢人の思想や言葉の中からアイデアが見つかると予想していれば、アイデアが見つかることを信じられるし、実際に見つけられるのだ。(マイケル・マハルコ)


photo credit: Sebastiaan ter Burg Creative Commons Global Summit 2015 via photopin (license)

賢人の名言でアイデアを作ろう!

マイケル・マハルコアイデア・バイブルの中に
「賢人会議」発想法が紹介されていました。
私も著者や賢人の言葉から、インスパイアされることが多いので
この「賢人会議」発想法には共感を覚えました。
会議のやり方は簡単で、世界的に有名な人物の発言を利用し
自分の課題に新たな視点を加えながら、アイデアを生み出していきます。
有名人の名言にはアイデアのヒントとなる種や法則がたくさん含まれています。

自分の課題に、有名人の名言を当てはめると
思考の幅が広がり、ヒントが見つけられます。
マイケル・マハルコは、アイデアを探しているときに
自分の課題から偉人たちの名言や偉大な思想に跳び移るとよいと言います。
名言が課題とぶつかり合うことで、有名人の力を借りられるようになります。

過去の有名人や経営者を会議に加えよう!

課題をクリアしてくれる有名人を自分の会議に招きましょう。
自分の尊敬するヒーローを3人から5人選び
彼らの写真を部屋に飾るのです。
彼らの書籍や記事を読み、名言を集めましょう。

ヒーローたちの言葉でよいものはメモに残します。
課題解決のために使えそうな言葉は暗記し、賢人会議で使ってみましょう。
ヒーローたちが課題を解決するのに使った発想や秘訣
成功の理由などを意識することで、読書の質も変えられます。
ヒーローたちの課題解決方法を自分ごと化し
フレームワークに活用することで、面白いアイデアが浮かぶようになります。

著者が活用する名言抜粋

私はこの書評ブログにキーワードと名言をメモとして残し
ブログ内検索で、アイデアづくりの参考にしています。
実はこのブログ賢人会議から、たくさんのアイデアが生まれています。
著者のお気に入りフレーズを以下いくつか引用します。

■頭にバターをのせて歩く者は、太陽のもとを歩くべからず。
■同じ馬車に、馬と牛を繋ぐべからず。
■瓶に1枚しかコインが入っていなければ、ガチャガチャとうるさいが、コインでいっぱいの瓶は、音をたてない。(以上タルムードから)
■鉄は熱いうちに打つだけでは十分ではない。打っことで熱くするのだ。(オリヴァー・クロムウェル)
■表現を見つけるためには、あらゆる可能性を考えに入れなければならない。(T・S・エリオット)
■不可能なものを取り除けば、そこに残ったものは、たとえありそうにないことでも、真理に違いない。(アーサー・コナン・ドイル)

本書を読むことで、多くの賢人の言葉と出会えました。
他者の視点を取り入れることで、アイデアの幅が広がります。
賢人たちの言葉をアイデアづくりに活用すれば
まだまだ、チャンスを引き寄せられそうです。

他人の言葉や考えから得られるアイデアは、想像力という新しい「レートで連想の特急列車に乗って中ってくる。賢人の名言は解決しまければならない課題に新しい視点を与えるだろう。燃えさしの石炭も、火のついたものを脇に置けば再び燃え出す。司じように火の消えたアイデアも弩人の名言によって再び燃え出すかももしれない。いろんな偉人、アドバイザーに尋ねることが大事だ。自分専用の、想定上の「賢人会議」を作ろう。

多くの偉人を味方にして、自分オリジナルの賢人会議を作りましょう。
そのためにも多くの本を読み続ける必要があります。

まとめ

賢人たちの言葉を自分ごと化しましょう。
よい言葉はメモに残し、いつでも使えるようにするのです。
課題を解決するために、「賢人会議」を定期開催すると
たくさんのアイデアをつくれるはずです。
自分だけのヒーローの力を借りて、アイデアの種を発見できれば
ビジネスで成功できるようになります。

アイデアバイブルの関連記事はこちらから

    

    

Loading Facebook Comments ...

コメント