デニス・キンブロの「思考は現実化する あきらめなかった人々」の書評

習慣化

われわれはいつの時代も探検家だった。探検は人間の本能の一つなのだ。100万年ぐらい前だろうか。とにかく、はるか昔にアフリカで誕生して以来、われわれは地球を歩き回り探検してきた。すべての大陸を、それこそ北極から南極まで、エベレストから死海まで、くまなく探ってきた。探検への衝動は明らかに生き残りをかけたものであり、ある国家や民族集団に特有のものではない。人類が共有する資質である。(デニス・キンブロ、ナポレオン・ヒル)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-24-11-48-07
photo credit: dualiti.net Time under the stars via photopin (license)

デニス・キンブロとナポレオン・ヒル思考は現実化する あきらめなかった人々には
素晴らしい言葉がたくさん紹介されています。
私たちは探検家の遺伝子を受け継いでいるのですから
もっともっとチャレンジできるはずです。

しかし、私たち一般人は夢を先延ばししたり
冒険することに恐怖を感じて、夢を簡単にあきらめてしまうのです。

おわかりだろうが、われわれは無料で手に入るものにはまったく、あるいはほとんど価値を認めない。だが、金を払うものには値打ちがあると思っている。しかし、真実はこの逆だろう。人生で本当に価値のあるものは、すべてタダで手に入る。理性、感情、体、希望、夢、野心、知性、家族の愛、このとても金では買えない財産はすべて無料なのだ!

本書の原稿を途中まで書いたナポレオン・ヒル
その後一冊の書籍にまとめたデニス・キンブロ
自分の脳や心などの能力をもっともっと使うべきだと言います。
それらは無料=タダなのですから!

心が使われないのは、あって当然のものだと思われているからだ。心は命じられたことなら何でもできるのに、残念ながらつまらないことに使われるだけで、大した仕事は与えられない。

私たち人間は知的脳力の5パーセント足らずしか使っていないと言います。
無限のパワーを与えられているにも関わらず、その多くを無駄にしているのです。
自分の周りには無限の富が眠っていると考え、夢が叶うと信じて行動するべきなのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あきらめなかった人々 [ デニス・キンブロ ]
価格:1490円(税込、送料無料) (2016/11/24時点)

日々の単調な仕事を続けるだけでよしとしている。食べては眠り、動き回る。そして、物言えぬ動物よりも単調な人生をこつこつと歩む。全自然、全生命はわれわれに、眠りから覚め向上せよと呼びかけているのに。

私たちは自分が考えた通りの人間になっています。
以前の私はアルコール依存症で、いつも怠けてばかりでした!
しかし、お酒をやめ、出版するという夢を持ったおかげで
数年後に本当に著者になっていたのです。

外的世界は内面の世界の鏡なのです!
自分が思ったことが、本当に現実になるのです。
この法則に気づいてから、私は夢をあきらめるのをやめました。
やりたいことをリストに書き出し、毎日見直すようにすることで
多くの夢が叶い始めたのです。

この内なるパワーという財産を知らない者には、私の言うことはたわ言に聞こえるだろう。だが、科学の証明するところによれば、人の意識の深いところに、脳力、知恵、偉大さ、そして富が、手つかずのまま眠っていることは間違いない。

本書のパワフルな言葉に出会うことで
私は行動するためのエネルギーをチャージできました。
今後、人生に悩んだ時に、本書あきらめなかった人々を何度も読み返すと思います。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

 

Loading Facebook Comments ...

コメント