「自分は何に悩んでいるか」に気づくためのリストというアイデア

習慣化

人生のあらゆる面でさらに成功するために必要なのは、希望的観測(ウイッシュフル・シンキング)ではありません。大事なのはリスト活用思考(リストフル・シンキング)なのです。なぜなら、ひとたび目標を書き記したとたん、それを達成する責任が生まれてくるからです。(ポーラ・リッツォ)

スクリーンショット 2017-01-23 10.30.24
photo credit: Mufidah Kassalias Checklist Chalkboard via photopin (license)

最近、自分がリストマニアになっている気がします。
100の夢リストやらないことリスト、捨てるものリスト、今日やることリストなど作成して
自分の人生や日々の生活を良くする作業を行なっています。
ポーラ・リッツォリストマニアになろう! で指摘しているように
リストフルシンキングを行うことが成功の早道だと感じています。
リストマニアについてはこちらの記事をご覧ください。)
様々なリストを作ることで、自分との対話の時間を持てるようになります。
本当にやりたいことが見つかったり、自分がすべきでないことを整理できます。
自分の優先順位を考えることを習慣にすると
積極的に行動できるようになり、人生をワクワクなものに変えられます。

人生を変える ポジティブ習慣(隂山英男著)の中に面白いリスト活用法があったので
今日はこちらをご紹介しようと思います。
このアイデアは自分の悩みを減らすためのもので
隂山氏は「自分は何に悩んでいるか」に気づくためのリストとネーミングしています
スタンフォード大学のクリフォード・ナス教授の指摘していますが
私たち人間は良いことよりも不快なことを考える時間が多いそうです。
悪いことを過大評価して、良いことを過小評価することが人間のサガなのです。
この泥沼から抜け出すためのリストを作ることを著者は提案しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生を変えるポジティブ習慣 [ 陰山英男 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/1/21時点)

起こった出来事を書き出してみると、「良いこと」と「悪いこと」を適正に評価・判断できるため、「あ、そっか。それほどたいしたことではないな」と思えるようになります。ポジティブな習慣がついてくると、「不安や心配事」を自ら解消していけるのです。

「自分は何に悩んでいるか」に気づくためのリストの書き方は簡単です。
以下の3つのステップを踏むだけで、できますから早速トライしてみましょう。
1、先週、今週で起こったことを「良いこと」「悪いこと」で書き出す。
2、「良いこと」「悪いこと」を客観視する
3、「悪いこと」が起きて自分が感じたことを書き出す。
確かに不安や心配事を書き出せば、大したことに思えなくなります。
脳の中で大きく膨らんだ悪い妄想も客観視することで、消えて無くなります。
同時に良いことを書き出し、悪いことよりも良いことが多いことに気付ければ
自分が幸せであることを確認できます。

悪いことにフォーカスするのではなく、人生の良い面にフォーカスすることを
習慣にすれば、人生をよりワクワクなものに変えられます。
漠然とした不安な気持ちを消せると有意義な時間をより多くできます。
このリストを自分の習慣に取り入れたくなりました。

■セミナーのお知らせ
サンクチャリ出版さんとセミナーを開催します。
テーマ:ダメダメ人生から復活する方法
日時:2月9日19時 会場:千駄ヶ谷サンクチュアリ出版セミナールーム
詳細はこちらからお願いします。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
人生を変えるポジティブ習慣の関連記事はこちらから

      
       

Loading Facebook Comments ...

コメント