放下(ほうけ)という考えが、あなたの生活に幸せを運んでくる!

習慣化

モノが増えて、生活する場が狭くなるほど、精神的なストレスは大きくなります。「放下(ほうけ)」という禅語があります。「捨てる」というのが言葉の意味ですが、禅では、「得ることより、捨てることによって幸せになる」と教えています。(植西聡)


photo credit: Soikkoratamo In the silence via photopin (license)

放下(ほうけ)とは何か?

私たち現代人は多くのモノに囲まれて暮らしています。
最近では「たくさんのモノがある幸せ」よりも
「モノが多すぎることの息苦しさ」を感じながら
暮らしている人が増えているようです。
断捨離やミニマリストになることがブームになっているのも、この裏返しだと思います。
本来、心をワクワクしてくれるモノが
皮肉なことにストレスの原因になっているのです。

私も本や洋服を定期的に処分して、心の落ち着きを取り戻すようにしています。
モノを購入する前も、その品物をすぐに買わないようにするために
時間を置いたり、深呼吸をして、本当に必要なモノかを自問するようにしています。

植西聡氏は「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉の中で
放下(ほうけ)」という禅語を紹介しています。
モノを捨てることで、確かに私たちの心は落ち着きます。
あまりに多いモノに囲まれることで、心はいろいろな所にさまよい
今ここに集中できなくなります。
モノを持ちすぎることで、私たちは行動を制限されてしまうのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉 [ 植西聡 ]
価格:596円(税込、送料無料) (2017/4/2時点) 

自分と向き合う時間を持つことが、幸せの入り口。

すべてを捨てて自分自身と向かい合ってこそ、真の「心の安らぎ」が得られるというのです。

修行のために禅寺へ入る人たちは
なにも持って行くことはできないと植西氏は言います。
スマホも、本もなにもかも手放し、作務衣と寝具だけを携えて修行に入るのです。
何も持たないことで、自分との対話が可能になり
修行僧に心の平穏をもたらすのです。

私たち現代人は禅の修行僧のように、すべてを捨てることはできません。
しかし、この「放下」を自分たちの生活に取り入れることはできます。
1、モノを買う時に「不要なモノは買わない」と決める。
2、定期的に部屋を見直し、「不要になったモノは捨てる」ことを意識する。
この2つを習慣にすることで、自分の気持ちを平穏に保てるようになります。
モノでのイライラを減らすことで、幸せな気分を味わえます。

モノを買う時に、未来の自分をイメージしてみましょう。
本当にそれが必要かを自問してみましょう。
それがなくても幸せに暮らせるのなら、それは必要なモノではないのです。
たとえば、新しい服を一着買ったら、古い服を一着処分するることで
クロゼットが服であふれることを防げます。

まとめ

新しいモノを買ったら、古いモノを捨てるという「放下」の考え方が
あなたの生活に幸せを運んできます。
ストレス発散のためにモノを買うのをやめて、自分の生活を見直しましょう。
モノが増えることがストレスの原因になると考え
必要以上にモノを貯めこまないようにするのです。
モノが少ないほど、心が軽くなり、今ここに集中できるようになります。

関連書籍 「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉(植西聡著)
禅に関する記事はこちらから

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
植西聰氏のブッダの関連記事はこちらから

    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント