オーガスト・ハーゲスハイマーの最少の努力でやせる食事の科学の書評

習慣化

正しい知識をもたないまま、どんなに努力をしても、あなたはやせることができません。残念ながら、努力と結果は比例しない。死ぬほど努力したからといって、死ぬほど素晴らしい結果が保証されているわけではありません。(オーガスト・ハーゲスハイマー)


photo credit: Like_the_Grand_Canyon German 2014 Coca Cola line-up via photopin (license)

カロリー神話に騙されるな!

ダイエットにムダは禁物です。
やせるために多くの日本人は日々努力を重ねていますが
間違ったダイエット法がたくさんのムダを生み出し
お金や時間のムダを生み出しています。
最少の努力でやせる食事の科学の中で
オーガスト・ハーゲスハイマーは日本人のダイエットの知識は旧態依然で
正しくない情報を鵜呑みにしていると指摘しています。
私たちは無理なダイエットによって
お金をムダにしているだけでなく、自らの体を疲れやすくしているのです。

日本人はカロリーを気にしすぎますが
この数字をダイエットの指標にするのは間違っています。
力ロリーはもともとは石炭の品質を測る尺度でしかなく
力ロリー自体に意味はないと著者は言います。
太る原因はカロリーではなく、糖質なのです。
日本人やアメリカ人の肥満体質は糖分の過剰摂取が原因で
タンパク質や油を普通に摂取しても、太るわけではありません。
多くの人たちはカロリー神話のために間違ったダイエットをしています。

人が太るのは力ロリーが高いものを食べたからではありません。私たちが太るのは、肉ぶとんのように体脂肪がつくからです。そしてその体脂肪は体の中で余った糖からつくられます。油ではありません。ここを間違っている人がたくさんいるので、くれぐれも誤解がないように言っておきます。体脂肪になるのは、糖であって、油ではないんですよ!

「力ロリーゼロ」や「力ロリーオフ」の食品や飲料が巷に出回っていますが
これなどはなんの意味もないことがわかります。
わざわざ高いお金を出して買うのはお金のムダというわけです。
それどころか、そういったものを摂取すると太る可能性すらあるのです。
力ロリー値を抑えるため、多くの人は糖の代わりに
力ロリーが低い人工甘味料を使っている現状はとてもおかしいのです。

米国糖尿病学会の2011年のデータを読めば、皆さんも驚くはずです。
ダイエット・ソーダの摂取とウエストの関係についての調査結果によると
なんとダイエット・ソーダを飲んでいる人たちは
まったく飲まない人たちに比べて、ウエストのサイズが70%以上増加し
また、毎日2本以上のダイエット・ソーダを飲んでいる人たちは
ウエストが平均4・74㎝増加し、ダイエット・ソーダを飲まない人たちの
およそ6倍に達していたそうです。
やせたいと思ってダイエット・ソーダを飲んでいた人たちは
逆にどんどん太ってしまったのです。

また、砂糖の200倍の甘さをもつアスパルテームにも注意を向ける必要があります。
アスパルテームは安全だと発表されていますが
発ガン性を証明する数多くの研究データが存在します。
そのうえ、体脂肪を構成する脂肪細胞を刺激して増やす働きもあるのです。
人工甘味料は力ロリーゼロなので、太らないという考えを捨てた方がよいのです。
カロリー神話で儲けている会社がたくさんあると考え
カロリーオフを売りにした人工甘味料は
健康を害したり、自分を太らせる食べ物だと思って、遠ざけましょう!
このようにカロリーを気にしすぎると私たちは多くの失敗をおかします。
カロリーによって太るのではないとまずは自分の意識を変えましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最少の努力でやせる食事の科学 [ オーガスト・ハーゲスハイマー ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/11/13時点)

油は悪くないが、揚げ物には注意が必要!

ダイエットをする際に人は油を避けがちですが
健康のためには良い油を摂取すべきです。
特にバージンオリーブオイルの摂取を著者はすすめています。
オリーブオイルには必須脂肪酸のオレイン酸が80%弱含まれ
悪玉コレステロールを減少させてくれます。
残りの20%はβカロテンやクロロフィルで
これは緑の濃い葉野菜と同じように体内をクレンジングしてくれます。

私たちが摂取してはいけない油は酸化した油と
外食の揚げ物などに使われるトランス脂肪酸です。
こういった油で作られた加工食品や揚げ物には注意を払いましょう。

酸化した油を摂取すると、活性酸素や過酸化脂質という有害物質が体内に増え、それにより細胞も酸化し傷ついてしまうのです。酸化して傷ついた細胞は、正常に…機能できなくなります。そして、炎症反応を起こします。

酸化した油を食べ過ぎると体内に炎症反応が起こり
その影響は臓器にまで広がります。
これが、老化や病気を引き起こす原因になっています。

体内に炎症があるとコレステロール値を増やします。
慢性的な炎症は、心臓病、脳卒中、ガン
アルツハイマー症を引き起こし、危険視されています。
アメリカではこの炎症のことを「サイレントキラー」(静かな殺し屋)と呼んでいます。
フライドポテトやドーナツといった揚げ物は食欲をそそりますが
糖質だけでなく酸化した油も同時に摂ることになり、あなたを太らせます。
揚げ物は未来の病気の原因ともなる最悪な食べ物ですから
積極的に食べないようにした方がよさそうです。

まとめ

日本人が信じているダイエット方法は旧態依然で
これを実践していてもやせられません。
カロリー神話は間違った常識で
カロリーの高い食事がすべて、悪いわけではありません。
太る原因は糖質と悪い油だという事実を理解して
食事の見直しをして、ダイエットを成功させましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント