タル・ベン・シャハーのHAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッドの書評

習慣化

時間の用い方こそが、ほかの何よりも重要な幸せへの鍵かもしれない。(ダニエル カーネマン)


photo credit: Kaptah Smile via photopin (license)

大多数の人たちは、未来ばかりを見つめて走りつづけたり、無意味な快楽にひたったり、悲観主義に陥ったりすることに、貴重な時間を無駄遣いしています。(タル・ベン・シャハー)

幸せになる鍵は時間の使い方にあり!

ハーバード大学でもっとも人気のある講師のタル・ベン・シャハー
HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッドを再読しています。
幸せに過ごしたければ、時間を意識するとよいことがわかっています。
つまらない時間を過ごしていると幸せは遠のいていきます。

以前の私はお酒に時間を浪費していましたが
お酒を飲んでいる時は楽しかったのですが
それ以外の時間は生きた屍のようで、虚しい時間を過ごしていました。
人生をやり直そうと思った私は
時間術や幸せについて書かれている本をたくさん読み
良いと思ったことを実践することにしました。

私は10年前に快楽を追い求めることをやめ
時間の過ごし方を変えてから、私は幸せになれました。
お酒をやめ、朝型に時間の使い方をシフトしたことがきっかけで
自分の思考と行動を変えることができました。
自分のやりたいことができるようになり。幸せな時間を増やせたのです。
他人の人生を生きることをやめ、自分の人生のCEOになることで
幸せな気分を味わえるようになったのです。

自分を幸せにしてくれることに時間を使おう!

時間は、私たちを幸せにもすれば、不幸せにもします。それは、正しく用いられさえすれば、究極の財宝の果てしない供給源になります。究極の通貨の追求は、終わりのないプロセスです。私たちが入手できる幸せには、限りがないのです。意義と喜びの双方をもたらしてくれる仕事、学習、人間関係を推し進めることで、私たちは徐々に、しかし確実に、より幸せになります。

幸せは一定ではなく、自分の考え方によって増やせます。
そのためには、時間の使い方を変えればよいのです。
自分が幸せだと感じることがあれば、それをリストに書き出しましょう。
オプラ・ウィンフリーは「意識を向けるものは拡大する」と言いますが
幸せに意識を向け、その時間を増やせば、幸せは拡大するはずです。

自分が幸せになれることを考え、まずはそれに時間を使うべきです。
幸せな友人と時間を増やしたり、家族との会話を楽しみましょう。
演劇を見たり、音楽を聞いてもよいですし、散歩に出かけるでもよいのです。
自分の好きなこと、幸せになることをじっくり考えてみましょう。

10年前に私は思考を変えて、お酒よりも楽しいことをたくさん見つけました。
家族との時間、旅行、学び、仲間との起業、出版、ブログなど
自分のやりたいことに時間を使うことで、私は幸せを味わえるようになったのです。

まとめ

自分の人生のCEOになると決めて、良い時間を過ごしましょう。
自分がワクワクできることをリストアップし
それに時間を使うようにするのです。
自分が意識を向けたことは拡大します。
幸せになることにフォーカスし、人生をエンジョイしましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

       

   スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13 

Loading Facebook Comments ...

コメント