福島正伸氏の名言から、ご縁の力を再認識しました!

習慣化

できると思った人は、できる方法を探す。できないと思った人は、できない理由を探す。(福島正伸)

スクリーンショット 2016-06-04 15.41.44

できない言い訳をしません。やると決めたら、どうしたらできるかだけ毎日考えます。 それが不可能を可能にする秘訣であることを知っているからです。

毎朝届く、福島正伸氏のメルマガから、私は勇気をもらっています。
「なんでもできる!」と自分の力を信じることで、私たちは行動を起こせるようになります。
可能性を信じて、積極的に考えたり、チャレンジしているうちに
カラーバス効果で、いろいろなヒントが見つかるようになります。

最近、立て続けにクライアントとのミーティング後の雑談から
悩んでいた問題への解決策をもらっています。
「こんな面白い人、知りませんか?」とか
「◯◯のスペシャリストをご存知ないですか?」と質問したら
ドンピシャな人を紹介してもらえて、ビジネスが上手くいくことが多いのです。

特に良いミーティングができた後の雑談後に、良い人を紹介いただいています。
クライアントとの関係が良くなれば良くなる程、ネットワークが拡大していきます!
面白い話は友人の友人から運ばれてくることが多いので
人とのご縁を大切にしていくことが成功の鍵かもしれません。

「夢」が「現実」に変わる言葉 [ 福島正伸 ]
価格:616円(税込、送料無料)

出会いは64億分の一の奇跡

福島正伸氏は「夢」が「現実」に変わる言葉の中で
出会いは64億分の一奇跡なので、大切にすべきだと言っています。
できる!と信じて、アクションを起こすことで
周りの人たちが応援してくれるから、私たちは夢を達成できるのです。
誰かのサポートがなければ、私たちは成功できないわけですから
人とのご縁を大事にしなければなりません。

今の自分があるのも世の中のおかげなのですが
人は自分の力を過信して、なかなかそうは思えません。
自分の慢心を防ぐためにも、福島氏の言葉に意識を向けたいと思います。
最後に私が大好きな福島氏の言葉を紹介して、今日のブログを終わります。

人間社会には 一つの法則があります。 それは「自分がやったことが 自分に返ってくる」 という法則です。 他人が自分に対して 何をしてくれるのかは 自分が他人に対して 何をしてきたのかの 裏返しということです。 そう「他人は鏡」 なのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
福島正伸氏の関連記事はこちらから

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
     
     

 

photo credit: SUNRISE ON DIENG HIGHLAND via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント