対人関係に悩んでいる人がやるべきたった3つのこと。

無条件に受け入れられたい、愛されたいという欲求は誰にでもある。そして、受け入れられている、大事にされている、愛されていると感じたとき、人は相手に対して好意を持つ。同じように受け入れ、大事にし、愛することができるようになるのだ。だから、あなたも他者に対して「あなたを受け入れます」と示していくことはとても重要だ。(ブライアン・トレーシー)


photo credit: Hindrik S Right Direction #3 via photopin (license)

微笑む力を身につけよう!

ブライアン・トレーシー極度集中 世界500万人が支持する最強の自己啓発入門書評ブログを続けます。相手を受け入れることで、人間関係は劇的に改善するとブライアン・トレーシーは言います。そのための方法は簡単で、ただほほ笑むだけでよいのです。メアリー・ケイ・コスメティックスの創業者のメアリー・ケイ・アッシュは微笑が成功の秘訣だと考え、周りの人に積極的にほほ笑んでいます。出会う人みんなの首に、「私は大切な人なのだと思わせて」と書かれた札がぶら下がっていると思い、それを満たすべく行動すべきだと言っています。彼女の真似をして、ほほ笑みを習慣化できれば、人間関係において新たな境地にたどり着けるはずです。

また、メアリーは人をほめることが重要だと指摘します。

ほめられたくない人など一人もいないということを念頭に置かなくてはなりません。しかも、誠実にほめることです。ほめるべき点は捜さなければ見つかりません。見つけても、秘密にしていては何もなりません。人を伸ばすために、どんどんほめてください。(メアリー・ケイ・アッシュ)

たとえ、相手のダメなところ(欠点)が目についても、相手のよいところを探して、そこをほめることを心がけましょう。人に成長してもらいたければ、相手をほめて、その気になってもらう必要があります。ほほ笑みながら、相手をほめることで、あなたのファンが増え、いろいろなことがうまくいくようになります。

アメリカの第16代大統領エイブラハム・リンカーンも「人間は誰でもほめられるのが好きなものだ」と言う名言を残しています。人はほめられるたびに自己重要感が高まります。自分でさえ気づいていなかった魅力を見つけてあげることで、相手はあなたにより強い好意を抱いてくれるはずです。

他者への感謝を習慣化しよう!

誰かがあなたのためにしてくれたことには、その大小を問わず感謝しよう。どんなに近しい間柄でも、当たり前などと思わないこと。では、どうやって感謝の気持ちを表わせばいいか?これも簡単で、「ありがとう」と言葉にするだけでいい。(ブライアン・トレーシー)

相手が自分にしてくれたことに感謝の言葉を伝えましょう。その際、どんな小さなことも見落とさないようにするのです。「ありがとう」を口癖にするといつでも感謝の言葉が出てきます。家族、周りの仲間、飲食店のスタッフの人たち、絶えず「ありがとう」を伝え、感謝を自分ごと化するのです。感謝の言葉によって、相手はよい気分になり、あなたと一緒に動こうと思ってくれます。

また、自分が手に入れている幸運を数えてみるのもよいでしょう。私たちは、意外に多くの恩恵を日々周りの人から受けています。小さなことに感謝することで、自分の幸せに気づけ、相手への思いやりの心が生まれてきます。自分が何に感謝しているかを自問すると日々の小さな幸せが見えてきます。私は毎朝、感謝日記を書いていますが、書くたびに日々の何気ないことを思い出しながら、幸せな気分に浸っています。感謝を生活の中心に置くと周りの人の関係を改善でき、よいことが起こるようになります。対人関係をよくしたければ、ほほ笑み、ほめる、感謝のたった3つのことを自分の中に取り入れれば良いのです。

まとめ

対人関係をよくしたければ、ほほ笑み、ほめる、感謝の3大メソッドを自分ごと化しましょう。ほほ笑、ほめる、感謝によって、相手はあなたに好意を抱いてくれます。自分の行動をほんの少し変えるだけで、対人関係で悩まなくなります。それどころかあなたのファンを増やせるようになります。

ブライアン・トレーシーの関連記事はこちらから

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント