雑談をして、デフォルトモードネットワークを作動させよう!

習慣化

仕事ができる人は、聞き上手。もちろんこれは、「話を聞いてばかりいる」わけではありません。聞き上手と同時に話し上手です。相手の話をきちんと理解したうえで、相手が喜ぶ、あるいは役に立ちそうな話をしています。(茂木健一郎)

Designed by Freepik

仕事ができる人は共感力、忖度によって結果を出す!

脳科学者の茂木健一郎氏は、仕事ができる人は聞き上手であり、話し上手でもあると最高の雑談力: 結果を出している人の脳の使い方の中で述べています。仕事ができる人たちは、雑談によって人を喜ばしているのです。 雑談力がある人の周りには人がドンドン集まります。彼らはしっかりと話を聞くことで、質の高い提案を行い、その結果、仕事がうまくいくようになるのです。「聞き上手→話し上手→結果を出す→仕事がドンドン入る→聞き上手→話し上手→結果を出す→仕事がドンドン入る……」このように無限の好循環に入ることで、彼らは成功を手に入れました。

なぜ、仕事ができる人は、相手の話をきちんと理解できるのでしょうか?彼らは「文脈を理解する=ポイントを押さえている」いるのです。脳科学的に整理すると相手に共感・忖度していることで、結果を出せるようになったのです。この共感の回路、言い換えれば、付度の回路は一朝一夕につくられるわけではありません。試行錯誤の積み重ねや、ときには相手を怒らせるなど大失敗を繰り返すことで、身についていくのです。

例えば、契約を焦る営業マンは、自分本位で相手に対応します。顧客の反応を自分勝手に解釈し、失敗を繰り返すうちに、クロージングのタイミングを理解します。 付度したのに、相手が思っていることとはまったく違っていたこと「逆問題」と言います。この逆問題を繰り返し、失敗に気付いた人たちが、相手の話をしっかり聞くことで、良い提案ができるようになると茂木氏は指摘します。

優秀な販売員は、お客さんと雑談をしながら、共感の回路を駆使してお客さんにピッタリの商品を提案します。彼らは雑談によって、共感の回路は鍛えて、的確な提案をしているのです。相手のニーズを正確に把握し、それを上回る提案をできるようにするために、雑談からヒントを得ているのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最高の雑談力 結果を出している人の脳の使い方 [ 茂木健一郎 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/11/30時点)

楽天で購入

雑談が「デフォルトモードネットワーク」を作動させる!

ゆったりと雑談をすると、脳内にある「デフォルトモードネットワーク」が作動します。このデフォルトモードネットワークは何かに集中して取り組んでいるときには、働きません。どちらかと言うと、リラックスして何も考えていないときに活動します。仕事や勉強をしているとき、ある特定の脳の回路が使われています。やればやるほど、その回路は強くなっていきます。逆に言うと、それ以外の回路は、使われなくなります。できる人はその回路が太くなっているとも言えますが、その一方で、その特定の回路以外は使われなくなってしまいます。 脳には無限とも言える回路が存在するのに、特定のものだけが機能しているきそんと、ほかのものが機能しなくなります。

仕事だけに集中すると、自らの脳の可能性を毀損します。一生懸命働くだけでは脳の働きを弱めてしまうのです。デフォルトモードネットワークは、「ネットワーク」という言葉があるとおり、脳のさまざまな回路が結びついて生まれます。雑談やのんびりすることで、デフォルトモードネットワークがふだん使わない回路をつくったり、つなげようとします。

オックスフォード大学では教授たちが集まって、午後の紅茶を雑談をしながら楽しむ習慣があります。彼らはアイデアを生みだすために、あえて雑談の時間をとっているのです。雑談をし、デフォルトモードネットワークを作動させると新しい回路が生まれる可能性があるのです。新しい回路がつくられることで、思いもしないよいアイデアが浮かびます。

他愛のない話をしていても、仕事のヒントや問題解決のアイデアが浮かぶかもしれません。自分にアイデアが浮かばなくても、相手にヒントを与えることくらいはできます。いずれにせよ、そうした気軽に雑談をできる場所をつくると、デフォルトモードネットワークが働いて脳の回路がつくられます。脳の活性化に役立ちますから、仕事にもいい影響が出るのは間違いありません。

以前はどの会社にもタバコ部屋があり、ざまざまな組織の人が集まり、雑談をしていましたが、これが会社のアイデアの源泉になっていたのかもしれません。よいリーダーは、部下に集中を求めるだけでなく、デフォルトモードネットワークを作動させるために雑談を推奨しましょう。

そのために、会社の中に誰もが気軽に立ち寄れるカフェのようなスペースをつくったり、リラックスできる場所を作るべきです。Googleがレストランを無料にしたり、マインドフルネスを取り入れているのも、生産性を高めるためなのです。一見無駄に見える投資だと思われるかもしれませんが、雑談ができる場を作ることで、社員が結果を出してくれるようになるのです。

まとめ

仕事が上手い人は雑談をしながら、人の喜ぶ提案をするという共通点があります。彼らは共感力・忖度の力で相手にフィットした商品・サービスを提供します。雑談によって、脳の「デフォルトモードネットワーク」が作動します。デフォルトモードネットワークが活性化するとアイデアが生まれてきます。最近では、社員に雑談をさせる組織が増えているのも、雑談によって生産性が向上することがわかってきたからなのです。

ブロガー・ビジネスプロデューサーの徳本昌大の5冊目のiPhoneアプリ習慣術がKindle Unlimitedで読み放題です!ぜひ、ご一読ください。

 

Loading Facebook Comments ...

コメント