ロブ・ムーアのMONEY 30歳で150億稼いだ私の思考法の書評


Background photo created by rawpixel.com – www.freepik.com

MONEY 30歳で150億稼いだ私の思考法
著者:ロブ・ムーア
出版社:マガジンハウス

本書の要約

お金持ちは富を保つだけでなく、自分と周りの人を通して、お金の流れを加速させています。お金を貯蓄するだけでなく、感謝の気持ちを持って、手元のお金を周りの人を喜ばすために使うことが重要です。マインドセットを変え、お金と幸せな人生の両方を目指しましょう。

お金につかわれる人生ではなく、お金を自由自在につかう人生を選択しよう!

なぜお金と幸せのどちらかを選べ、という話になるのだろう。両方を手に入れればよいのでは?と問われたら驚くだろうか。お金は幸せをつくりだす。お金は幸せにつながることを、より頻繁に、より簡単に、実行する資金となるからだ。お金は、しばしば人生で最良と呼ばれる無償のものを、より多く与えてくれる手段だ。もっと幸せになりたいなら、幸せと向き合おう。もっとお金がほしいなら、お金と向き合おう。お金をつくり、育て、与えることで自分をより幸せにするのはいいとして、幸せのためにお金だけを頼みの綱にすることはやめよう。(ロブ・ムーア)

お金と幸せは同じものではなく、互いに独立した存在です。お金を稼ぎながら、幸せになれる人もいれば、その逆の人もいるのです。著者はお金と幸せの両方に向き合うことは可能だと言い、それを目指す方法を私たちに教えてくれます。

お金は収益よりも支出に価値を置く者の手から、支出よりも収益に価値を置く者の手へと、より大きな額が移動します。お金はそれをもっとも軽んじる者(つまり収益より支出に価値を置く者)から、蓄財、投資、複利によりお金を注ぎ込む者(つまり支出より収益に価値を置く者)へと渡るしくみになっていのです。 お金持ちはこのお金のルールを知り、そのルールに従って行動しています。

富の流れを自分を引き寄せたいなら、お金のルールに従い、被害者意識を捨てることです。「儲けることは諸悪の根源」「一生懸命働かないとお金は作れない」という考えを捨て、お金持ちのマインドセットを身につけましょう。

お金やサービス、貢献、企業心、勢い(モメンタム)、複利、お金のスピード、スキル、そして法則を学ぶことだ。お金と富を大切にし、学べば学ぶほど多くを得ることができる。

お金を大切にしない人は収益よりも相対的な支出が多く、お金を大切にする人は支出よりも相対的な収益が多くなります。お金は、知識と理解がある少数の者へ大量に流れる傾向があるのです。時間を使い、ハードワークをしたからお金を稼げるのではなく、価値とサービスを提供するからお金を稼げるようになるのです。お金と時間の使い方を見直すと、幸せになれることを本書は教えてくれます。

お金持ちのマインドセットを手に入れよう!

人を裕福にするのは、その人が蓄えているものだけではない。その人が生み出す流れが裕福にするのだ。

お金の流れをよくする人は、お金を先に使って、自分の評判をよくしています。お金持ちは富を保つだけでなく、自分と周りの人を通して、お金の流れを加速させています。お金を貯蓄するだけでなく、感謝の気持ちを持って、手元のお金を周りの人を喜ばすために使うことが重要です。水いっぱいのバケツにそれ以上の水を入れることはできないというルールをお金にも適用しましょう。

お金を稼げる人の特徴を著者は次のように整理しています。変化に適応し、同調圧力に屈せず、他者とは違うことをした人がお金を稼いでいると著者は言います。
■革新し、反復し、順応する。
■プラス面にマイナス面を見出し、マイナス面にプラス面を見出す。
■最悪に備え、その中でのベストを狙う。
■トレンドを研究し、きたるべき課題をその他大勢に先駆けて解決する。
■専門を持つ。ハイブリッド化する。
■進化する。
■問題に突き当たったら、腕まくりをしてすばやく解決する。

『アントレプレナー』のオンライン記事によると、全ビリオネアのうち62%は「セルフメイド(自力で達成すること、成り上がること)」で、その地位を築いたといいます。彼らは莫大な遺産や贈与なしに、自分1代で資産家になったのです。

億万長者を研究したトマス・J・スタンリーは、「どの調査でも一貫して80から89%は自力だ。これはデカ・ミリオネにも当てはまる」と述べています。多くの資産家はお金を思考から生み出しているのです。

思考はアイデアにつながり、アイデアは決断に、決断は行動に、行動は結果につながり、次に結果が試され、改善され、拡大化される。アイデアというのはつまり、愛情、奉仕、解決策、暮らしをより楽に/より速く/よりよくすること、苦しみの緩和、病気の治癒、新しい情報、知的財産、特許、著作権、製品、サービス、 サブスクリプション、営業販売権、使用権、資産など、まだまだある。そして思考やアイデアには創業資金は必要ない。必要なのはビジョンと行動だ。

自分の時間の使い方を明らかにし、それが正しいかを自問しましょう。利益を生み出す仕事で自分の時間を埋めなければ、自分の時間はたちまちほかの人たちの仕事によって埋め尽くされてしまいます。

お金を稼ぎたければ、自分の時間配分を変え、価値を生み出すことに時間を最適に配分すべきです。計画をしっかり持っていなければ、自分の時間はいともたやすくほかの人に乗っ取られてしまいます。お金持ちは自分の時間にとても厳しく戦略的にそれを使っています。

残業とは、かけがえのない時間でわずかなお金を稼ぐこと。

その他大勢の人たちが、残業をして少ないお金を稼いでいる間に自己投資に時間を使い、自分の価値を高めましょう。長期的にはこれが一番正しい方法だと私も思います。

みずからの時間的価値、1時間当たりのコスト、そして「変化をもたらす」ために最優先すべきことを知っており、それらを機能させることのみに集中しています。お金を稼いでいる人は、時間と優先順位の価値を知っている人たちなのです。

裕福になるということは、自分の価値が高まるのと同時に、誰かに価値を与えることを意味する。自分には価値があるということを、自分自身で認めることで、自己価値は上昇する。ただ、富を受け入れ、富を与えることを許すのだ。

ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットは稼ぐことで、周りの人に貢献しています。自分のお金と感情をコントロールできるようになれば、金持ちへの一歩を踏み出せます。

ここに投資やビジネス全般において覚えていただきたい、2つの基本ルールがある。
ルール1 気持ちが浮き立っているときには、正しい買い判断ができない
ルール2    逃げ腰になっているときには、正しい売り判断ができない。

この2つのルールを念頭に決断ができている人はほとんどいません。多くの人が投資に失敗し、富裕層になれないのはこの2つのルールを守れないからです。私たちは他社の失敗から学べます。「多数派の人たちを観察してその逆をする」ことで、資産が貯まっていきます。

エゴと誘惑を排して、心のバランスを保つことも大事です。
○ダイエット中なら、冷蔵庫を空にする。
◯衝動買いをしがちなら、店に行かない。
◯資産を購入するなら、徹底的にリサーチするまでは現金もカードも持っていかない。
感情の影響下でお金に関する決断を下すと、後悔するか失望することになります。クレジットカードでモノを購入する際にも注意を払いましょう。

本書に紹介される金持ちマインドを手に入れることで、未来を確実に変えられます。自分の価値を高めるために、稼いだお金を自己投資に回し、自分の価値を周りに提供できる人が、お金持ちになっています。本書を参考に、まずは、自分の思考と行動を変えてみましょう。

ブロガー・ビジネスプロデューサーの徳本昌大の5冊目のiPhoneアプリ習慣術がKindle Unlimitedで読み放題です!ぜひ、ご一読ください。

 

 

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化 書評 生産性向上 アイデア クリエイティビティ マーケティング ライフハック 幸せ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました