生産性向上

スポンサーリンク
習慣化

脳は同時に3つ以上のタスクを行えない。どう優先順位をつけるのか?

脳が雑念や不安感に占領されると それだけで私は憂鬱になり、やる気が後退してしまうのです。 そんな時には、菜根譚のこの言葉を読むと気持ちが落ち着きます。 心から雑念を追いはらえば、本来の自分の姿が見えてくる。雑念をいっぱい詰め込んだまま...
習慣化

失敗を覚悟で挑み続ける、それがアーティストだ。ジョブズをモデリングするのを習慣化しよう!

失敗を覚悟で挑み続ける、それがアーティストだ。ディランやピカソは常に失敗を恐れなかった 。   (スティーブ・ジョブズ) 日々、理想の自分を追い求めています。 そうしないと怠惰な自分が顔を現し、すぐに行動を起こせなくなるからです。 ...
習慣化

行動する読書で勇気を得る方法

読書して考えないのは、食事をして消化しないのと同じである。(エドマンド・バーク) この名言が私の読書の基本になっています。 読書をしたら考えよう! アクションを起こそう!と この言葉を読むたびに思い出すようにしています。 読書をした...
習慣化

完璧主義から最善主義へ ギリギリまで自分を追い込んでみよう。

習慣化コンサルタントの古川武士氏は 完璧主義より最善主義を目指すべきだと 力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣で書いています。 最善主義とは、「力の入れどころと抜きどころを見極めて、より無駄をなくし、限られた時間で最...
習慣化

アール・ナイチンゲールの人間は自分が考えているような人間になる!!の書評

アール・ナイチンゲールの人間は自分が考えているような人間になる!!の中には 元気になれる言葉が数多く紹介されています。 月曜日の朝にこれらの言葉を読むとやる気がチャージできます。 未来はきっとうまくいくという心構えでいれば、私たち...
書評

メールに振り回されない方法

古川武士氏の力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣の中に メールに振り回されない方法が紹介されていました。 今日はそれを基にメールの上手な使い方を考えてみたいと思います。 古川氏によるとメールに振り回されている...
習慣化

コミュニケーションを強力にする方法 学ぶ人の思考法とは何か?

質問は自分の思いこみを変えることができます。 自分を成長させる学ぶ人の視点を採用すると 世の中の景色が自分中心から、他者との関係に変わります。 相手との関係に役立つものは何か? 相手のほめるべきところはどこか?に集中できるようになり...
生産性向上

ドラッカーのネクストソサエティから考えるインドネシアの若者と日本の関係

未来への決断―大転換期のサバイバル・マニュアルの中で ドラッカーは勉強の重要性を語っています。 知識社会では、知識を有するあらゆる者が四、五年おきに新しい知識仕入れなければならない。さもなければ時代遅れとなる。このことは、知識に対して最...
習慣化

理想の経済状態を引き寄せる方法 マイケル・J・ロオジェの引き寄せの法則の書評

マイケル・J・ロオジェの引き寄せの法則の中に 経済状態を良くするためのアフォメーションがあります。 今日はそれを中心に整理していきたいと思います。 前回のブログに書きましたが、引き寄せの最初のステップは ネガティブな感情...
習慣化

ミラーニューロンの力を活用しよう!宇宙に上手にお願いする法 (Successful wishing)(ピエール・フランク著)の書評

宇宙に上手にお願いする人々 (Successful wishing 5)(ピエール・フランク著)を 再読していますが、冒頭に紹介されているマハトマ・ガンジーの名言が響きます。 できると信じれば、それをする能力を得ることになるのだ。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました