朝のプラチナ時間で生産性を上げる方法。

習慣化

時はその使い方によって金にも鉛にもなる。(プレヴォ)

スクリーンショット 2016-07-07 16.38.32
あなたは、自分の時間をコントロールできていますか? 

もしも、時間を上手にコントールできていないのなら
1日のうちでもっとも生産性の高い時間帯を知ることから始めましょう。

自分が集中できる時間を確認し、そこに重要なタスクをあてるのです。
集中できる時間を明らかにすることで、タスクを進行できるようになります。
自分をコントロールするためには、まずは自分の習性を知ることが大事なのです。

私は早朝に、自分のための時間を確保しています。
朝時間を活用することで、自分のパフォーマンスを高められることに気づいたのです。
以前紹介した菊原智明氏は5つの時間に分けてサクサク仕事を片づけるの中で 
「1日にすべき8割の仕事を午前中に終わらせてしまえ」と言っています。
菊原氏は、朝6時から8時の間をプラチナ時間と位置づけ
ここで重要なタスクをこなすべきだと書いています。

朝のプラチナ時間にやるべきタスクをまずは明確にしてみましょう。
私の場合は、朝起きるとすぐに、カレンダーを見ながら
今日のタスクリストをEvernoteに書き出します。
1日の仕事をすべて書き出すのですが、その際面談する方の笑顔をイメージします。
相手の笑顔をイメージすると、ビジネスがうまくいくと考えらえるようになり
朝を気持ちよくスタートできます。

また、イメージ通りに話せるように、ワクワクなストーリーを作るようにしています。
この習慣を始めてから、ビジネスが以前よりもうまくいくようになりました。
また、朝時間は誰からも邪魔されず、集中できます。
私は毎朝このブログを更新することを決めているので
朝の早い時間帯で記事を一本書き上げるようにしています。

朝の9時までがブログのためのインプットと下書きの時間となります。
朝の短い時間で、アウトプットする習慣を身につけたおかげで
今では、一日に3本の記事を書けるようになりました。

ブログ経由で、新たなビジネスが始まることがわかってきたので
朝起きて、ブログを書くことが全く辛くなくなりました。
朝やるべきことが見つかると、それがモチベーションになり
早起きを習慣化できるのです。
また、このプラチナ時間でブログを書いておけば
朝から小さな達成感を味わえます。
これで脳が満足し、幸せな気持ちで一日をスタートできます。

また、朝のプラチナ時間は、体調がもっとも優れている時間帯ですから
一番良いパフォーマンスを発揮できるはずです。
この時間を無駄遣いしないことが、一日を良くするための秘訣なのです。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: One Man and his Dog via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント