エリック・ベルトランド・ラーセン

スポンサーリンク
習慣化

エリック・ベルトランド・ラーセンのヘル・ウィークの書評

80歳まで生きるとすれば、合計で4280週間を生きることになる。そのうちの一週間を、人生で最高に学べる7日間にしてみないか?最も思い出に残る一週間に。(エリック・ベルトランド・ラーセン ) photo credit: Strelka ...
習慣化

「プロ/コン(賛否両論)」発想法で解決策を生み出す方法

「プロ/コン(prosandconts賛否両論)」発想法は、社会心理学者クルト・レヴィンが最初に考え出した「フォース・フィールド分析」テクニックをモデルにしている。このテクニックを駆使すれば、ポジティブとネガティブの力によって最高あるいは最...
習慣化

自分を変えたければ、タフになろう!

タフであるということは、違う考え方をする勇気を持つことである。人生で偉業を成し遂げる人は誰でも、人よりちょっと大きなことを、少し深く考える勇気を持っている。それを毎日行っているのだ。(エリック・ベルトランド・ラーセン) photo ...
習慣化

自分を変えるために良書を徹底的に活用しよう!

多くの人は、本を二回読むことをしない。一読してなるほどと思い、本を閉じてしまう。そこで終わってしまうか、考えや行動を本気で変えるかは、あなた次第である。他の人と同じことをしていたら、ダントツにはなれない。(エリック・ベルトランド・ラーセン)...
習慣化

エリック・ベルトランド・ラーセンに学ぶ目標の叶え方。

1週間に一度はしてほしいのが、目標を常に思い出し、自分が何と戦って、何を手に入れたいのかを、確認すること。たいていの人間は怠け者なので、目標をわざわざ思い返したりしなくなる。しかし、成功したければ、これは絶対にしなければならない作業だ。そう...
習慣化

アイデア作りのルールを覚えよう!

新しいアイデアが、ある日突然、天から降ってくるなら楽だが、そんなことはめったにない。アイデアもまた、仕事の業績と同じく、目的を持ったトレーニングを長期間積み重ねて、調整と試行錯誤を重ねるなかで生み出されるものなのだ。(エリック・ベルトランド...
習慣化

怠け者になると人は行きたくない方向に進んでしまい、引き返せなくなる?

たいていの人間は怠け者だ。なんとなく同じことを続け、たいていの場合、行きたくない方向に進んでしまう。そんなときには、挑発的な質問が功を奏する。「変化を起こしたいですか?それとも現状のまま、居心地だけはいい平凡な地位でキャリアを終えたいですか...
習慣化

変化を習慣化すると何が起こるのか?

決断するなら早い方がよい。細かい調整がつけやすくなるからだ。細かく調整することが、小さな進歩の積み重ねにつながる。すると次にどうなるか?どんどん楽しくなり、長く続けることで、変化が習慣になる。自己研鐙があなたの習慣になるわけだ。(エリック・...
習慣化

なぜ、ワクワクな目標を設定しなければならないのか??

とりわけ重要なのは、その目標によってあなたの感情がかき立てられること。考えただけでわくわくしてやる気が出るようなら、よい目標だ。多くの人は、どんな目標がよいのかと、思い悩むだろう。先ほどの章のテーマを活用すると、自分にとって適切な目標をはる...
習慣化

恐怖心を克服するためのシンプルだが確実な方法

現代人は昔と比べると、安全な生活環境にいる。だから、人類に受け継がれてきた 「恐れ」のスイッチが入ることが、個人的成長や夢の実現を大きく阻害する場合がある。私たちが感じる不安には、多くの場合、根拠がない。この本能は、それを必要とした時代の名...
スポンサーリンク