トム・ラス

スポンサーリンク
習慣化

目的や使命が脳を活性化させる??トム・ラスの元気は、ためられるの書評

目的や使命を持つと脳を活性化できることがわかっています。目的への意識が高い人たちは、低い人たちより、死亡リスクが15%低いことがわかりました。目的を持つことで、心身の健康を維持できるのです。目的や使命は社会貢献へのモチベーションも高めてくれます。
習慣化

メールのテレプレッシャーから解放される方法 トム・ラスの元気は、ためられるの書評

あなたの時間を奪っている「気を散らすもの」をいくつか遮断できたら、「いい充電になる活動」にもっと多くの時間を割けることになります。それができたら、脳を休めることになり、脳を休めたら、創造力が高まります。まずは、あなたが今日、いい時間の使い方...
習慣化

座りっぱなしは健康リスクが高い?

現代人の働き方が変わり、座る時間が伸びています。これが心と体の健康に悪影響を及ぼしています。自分の時間と行動を見直し、座る時間を減らしましょう。ルーティン化した生活の中で少し余計に動くことにフォーカスすることで、健康を維持できるようになります。
習慣化

アイデアは脚から生まれる!PEAK PERFORMANCE 最強の成長術の書評

アイデアは脚から生まれる。(スタンフォード大学の研究者) Designed by Freepik 仕事から離れるには図太い神経がいる。期限が迫っているときは特にそうだ。遠くまで散歩に出かける時間がないこともあるだろう。だ...
習慣化

仕事の生産性が高い人は、自分の強みを活かす人。

「強み」を活かした仕事をしている人たちは、週に40時間、質の高い時間を過ごしていました。「強み」を活かせない仕事をしている人が元気に働けるのは、週に20時間まででした。また、「強み」を活かした仕事をしている人たちは、強みを活かしていない人た...
習慣化

仕事に意義を見いだすことが、幸福感を高めてくれる?

「意義」は湧いて出るものではありません。あなたが自分で見いだすものです。すばらしいキャリアと人生を築くには、あなたの毎日の仕事を、広い世界での使命と結びつける必要があります。自分の仕事が世の中にどう役立っているかを理解しない限り、毎日、形だ...
習慣化

マルチタスクが幸福度を下げる??今ここに集中しよう!

人はなにをしている間も、その時間の半分近くは別のことを考えているようです。(トム・ラス) PDFA習慣術の徳本昌大です。 今ここへの集中が幸せの入り口になるとこのブログでもなんども紹介していますが トム・ラスも元気は、ためられるの中で、マル...
習慣化

内発的動機づけが、幸せを加速する!トム・ラスの「元気は、ためられる」の書評

「意義」→人の役に立つことを行っている。 「交流」→ポジティブなひとときを、ネガティブなひとときよりもはるかに多く作っている。 「エネルギー」→心身の健康を改善する選択肢を選んでいる。 (トム・ラス)PDFA習慣術の徳本昌大です。 あなたは...
習慣化

「海難1890」と「心の中の幸福のバケツ」(トム・ラス&ドナルド・O・クリフトン著)の共通点

自分のまわりの人たちがポジティブになるよう働きかけよう。大きな成果があがるはずだ。世界を変えることだってできるかもしれない。(トム・ラス) 今朝「海難1890」という映画を見てきました。 仲間の浦聖治氏が制作のために奮闘していたため 絶対に...
書評

ネクタイはビジネスマンにとって、必要なモノなのか??

なぜネクタイが発明されたのか、訳が分かりません。ネクタイを着けると、誰もが同じ服を着ているかのようにうり二つに見えます。だから、私はみんなのネクタイを切り取りたくて、胸ポケットにはさみを入れておくこともあるほどです。私の考えでは、ネクタイは...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました