橘玲

スポンサーリンク
習慣化

喫煙は医療費を削減する?

タバコを吸う人は早死にする可能性が高いので、医療費が削減されると言う事実が医療経済学では定説になっています。啓発活動や課税で禁煙を抑制するのは難しく、タバコを吸う場所を自宅などに限定し、長生きしたい人を受動喫煙から守ることが私たちにできることかもしれません。
ブログ

子どもは親の思いどおり育たない?

多くの親は、親が愛情をかければ良い子が育ち、育て方を間違えれば子どもは道を踏み外すと考えますが、ジュディス・リッチ・ハリスの研究はその常識を覆しました。子供の人格は遺伝と友達関係でほとんど決まり、親はあまり影響を及ぼせないのです。親ができることは良い環境で子供を育て、勉強や体験の機会を増やしてあげることぐらいなのです。
習慣化

橘玲氏の事実 vs 本能 目を背けたいファクトにも理由があるの書評

調査データをしっかりと読み込むことで、ファクトを知ることができますが、意外なことに真実には、不愉快なことが隠されています。人間の本能はファクトを拒みがちですが、正しく世界を理解し、人生をよりよく生きるためには、ファクトから目をそらしてはいけないと著者は指摘します。
セレクト

先進国が分断される理由。橘玲氏の上級国民/下級国民の書評

先進国の知識がない人々が社会的弱者になっています。収入の高い知識人はリベラル化し、自由を謳歌する中で、アメリカの見捨てられた白人は自己のアイデンティしか誇れるものがなくなりました。白人至上主義の彼らは右傾化し、ドナルド・トランプを支持し、アメリカは分断されてしまったのです。
習慣化

非モテが日本で増える理由 橘玲氏の上級国民/下級国民の書評

アッパークラスの非モテの男性たちが、社会から差別されています。自殺やひきこもりの増加も非モテの男性たちの絶望が原因になっています。彼らの一部は過激な行動に出て、インセルの反乱を起こしています。恐ろしいことに持てるものたちをターゲトにテロを起こしているのです。
習慣化

書評 橘玲氏の上級国民/下級国民

「団塊の世代」を優遇することで、日本の若者たちは下級国民にならざるを得ませんでした。平成の時代は団塊の雇用を守る政策によって、若者の雇用が犠牲になりましたが、令和の時代は団塊の年金や医療費のために、下級国民の収入が吸い取られていくのです。
ブログ

橘玲氏のもっと言ってはいけないの書評

東アジア系の人たちのIQはとても高いのですが、不安感が強く、目先の利益よりも将来のことを心配しがちです。「知能」と「意志力(先延ばしのちから)」のこの組み合わせが東アジア系の人たちを豊かにしました。彼らはこの能力によって、アメリ力社会で専門職として成功し、短期間で高収入を得ることができたのです。
ブログ

人生を会社に依存してはいけない理由。

ネットワークのなかでよい評判を獲得するもっとも確実な方法は、自分の知識や人脈を惜しげもなくギブすることです。ギバーになり、ネットワークのハブになることで、情報や富が集まるようになります。つながっている人々と信頼関係を構築することで、人生がうまくいくようになるのです。
セレクト

橘玲氏の働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれるの書評

日本人の働き方は旧態依然で、新しい働き方に追いついていません。好きなこと、やりたいことを選択し、そのスペシャリストになることで、よいことが起こるようになります。自分の知識や人脈を惜しげもなくギブすることで、仕事のオファーが届くようになるのです。
セレクト

橘玲氏の「人生は攻略できる」の書評

日本のサラリーマンは伽藍を抜け出し、自分の価値を提供できる働き方にシフトすべきです。好きなこと、楽しいことを仕事にすることで、幸せに働けるようになります。「頑張れるのは好きなことだけ」だと考え、自分の働き方を変えましょう。楽しくカアセグことで、定年がなくなり、人生100年時代を乗り切れるようになるのです。
スポンサーリンク