「震災とソーシャルメディアの今、 そして私たちに必要なスキルとリテラシー」

ブログ

3月11日の東日本大震災から昨日でちょうど一ヶ月。
震災以前とは景色が変わってしまった日本。
しかし、この一ヶ月でソーシャルメディアを中心に
絆を意識した新しいムーブメントも生まれています。

その中のチャリティイベントの一つ
麹町のKDDIで行われた
「震災とソーシャルメディアの今、
そして私たちに必要なスキルとリテラシー」
に出かけてきました。

このイベントは募金型のイベントで受付で寄付を募る形式でした、
参加することで被災者の方の役に立てるのはうれしく
心のもやもやが少しだけ晴れた気がしました。

夕方福島県や茨城県で震度6弱の地震が起こった後で
プレゼン中も地震がたびたびあったものの
スタッフの地震に対する備えがしっかりしていたため
安心して参加できました。
また参加することにより
震災と自分を見つめ直すチャンスをもらいました。

詳細はtwitterで#social411で検索いただくか、
411socialのまとめ こちらをご覧ください!

特にgreenz.jpの@JUNYAmori さんのプレゼンの中で
紹介されていた非常時の3つのスキルは参考になりました。
以下簡単にご紹介します。

①非常時の連絡手段は複数確保する。

②確からしい情報を見極める目を持つ。
③メディアからある程度の距離を取る。
非常時には慌てず、自分に信念を持ってアクションするが大事です。
デマに惑わされない強い意志と
そのための準備を怠らないようにしたいと思います。 
また、改めてソーシャルメディアの効用を
プレゼンテーター全員からいただいた。 
今後もソーシャルメディアで意思を明示し
つながってくれた人々とアクションを起こしていきたい。

スタッフの皆さん、昨日はお世話になりました。
とても勉強になるチャリティイベントでした!

 


Loading Facebook Comments ...

コメント