「震災とソーシャルメディアの今、 そして私たちに必要なスキルとリテラシー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

3月11日の東日本大震災から昨日でちょうど一ヶ月。
震災以前とは景色が変わってしまった日本。
しかし、この一ヶ月でソーシャルメディアを中心に
絆を意識した新しいムーブメントも生まれています。

その中のチャリティイベントの一つ
麹町のKDDIで行われた
「震災とソーシャルメディアの今、
そして私たちに必要なスキルとリテラシー」
に出かけてきました。

このイベントは募金型のイベントで受付で寄付を募る形式でした、
参加することで被災者の方の役に立てるのはうれしく
心のもやもやが少しだけ晴れた気がしました。

夕方福島県や茨城県で震度6弱の地震が起こった後で
プレゼン中も地震がたびたびあったものの
スタッフの地震に対する備えがしっかりしていたため
安心して参加できました。
また参加することにより
震災と自分を見つめ直すチャンスをもらいました。

詳細はtwitterで#social411で検索いただくか、
411socialのまとめ こちらをご覧ください!

特にgreenz.jpの@JUNYAmori さんのプレゼンの中で
紹介されていた非常時の3つのスキルは参考になりました。
以下簡単にご紹介します。

①非常時の連絡手段は複数確保する。

②確からしい情報を見極める目を持つ。
③メディアからある程度の距離を取る。
非常時には慌てず、自分に信念を持ってアクションするが大事です。
デマに惑わされない強い意志と
そのための準備を怠らないようにしたいと思います。 
また、改めてソーシャルメディアの効用を
イケダハヤト氏をはじめ
プレゼンテーター全員からいただいた。 
今後もソーシャルメディアで意思を明示し
つながってくれた人々とアクションを起こしていきたい。

スタッフの皆さん、昨日はお世話になりました。
とても勉強になるチャリティイベントでした!

 


スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る