カンヌ屋外広告賞のHonest teaの動画を見ての雑感。

まずはアメリカのHonest teaのYoutub動画をご覧ください。

カンヌの屋外広告賞を受賞した企業であることは知っていたのですが
昨日7月22日の日経Mjで紹介されていたので
改めてYouTubeでチェックしてみました。
オネスト・ティ(Honest tea)社の
オネスティ(Honesty)キャンペーン。
親父ギャグのどっきりカメラのような企画ですが面白いですよね。

Honest teaを全米各都市に設置して
ちゃんとお金を払うかどうかの各都市対抗の正直キャンペーンです。
都市によって上下はあったようですが、
平均300本の瓶が持ち返られたそうです。
消えた瓶と支払われた金額とを計算して、
その都市の住人達の正直さを指標化しました。

一番Honestyな街は93%の人が1ドルを払ったワシントンDC。
逆にHonesty指数が低かったのはロサンゼルスの75%だそうです。

ソーシャル時代のクリエイティブと言えば
ソーシャル時代のクリエイティブですが
どうしてもどっきりTV感覚が抜けない
私ソーシャルおじさんではあります。

ただHonest teaのFacebookやサイトを見ていると
この紅茶には興味が出てきました。
なんと!
企業の狙い通りに動いている自分を発見しました。
さすが、カンヌ屋外広告賞!

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る